社会

マネオは終わった!破産で被害総額や投資金は返済される?

この記事はマネオは終わった!破産で被害総額や投資金は返済される?という話題について調べました。このマネオですが、ソーシャルレンディングとよばえる投資手法の1つとなります。

 

その魅力として挙げられるのは、高い収益性になります。株式投資を行うよりも収益性がある?リスクが低い?ということも一部言われていますが、実際はどうなんでしょうか?

 

マネオは終わった!破産で被害総額や投資金は返済されるのか?という点についてまとめてみました!

マネオは終わった!

マネオですが終わった理由は正式に破産申請を行ったためです、以前から配当の未払いが続いたことで投資家らから訴訟まで起こされていました。

 

ただ、裁判が内部でもいろいろと問題があり、問題の詳細を解明するためにかなり時間を要していたようです。

 

投資した人は、どうにか再建されることを望んでいましたが、その可能性が潰れたといことですね。

ソーシャルレンディングは高リスク

個人的な考えですが、ソーシャルレンディングについては高リスクな投資手法郡であると考えています。

 

誰もが1万円程度で初められること、投資ブームによって、さまざまなソーシャルレンディングが出てきています。毎月分配ある商品が多いですから人気な理由はわかります。

 

ただ、大手が出している商品ですら、ぶっちゃけ危険だと思います。

ソーシャルレンディング会社が管理するファンドを一般投資家に募集し、年間5%前後の利回りが人気を呼んでいる。だが、近年はソーシャルレンディング会社が金融庁から行政処分を受ける不祥事が相次いでいる。

SBIソーシャルレンディング(株)(TSR企業コード:297322095、東京都港区、以下SBISL)が、貸付先の事業運営に「重大な懸案事項が生じている可能性がある」として、第三者委員会を設置した。

出典:東京商工リサーチ

SBIホールディングス傘下の会社ですから、不祥事の可能性があると委員会が設定されています。そのため、他のレイティングでまともな物は少ない気もしますね。

 

マネオを紹介してアフィリ報酬稼いでたブロガーの責任も重いと思いますよ。

マネオは破産の被害総額!返済されるのか?

今回の、マネオの件ですが、 被害者数は3000人以上,被害総額は134億円以上と言われています。かなりの額になっていますね。

 

銀行口座など差し押さえされるため、残金があれば債務者に返金されることが考えられますが、その望みは薄いと考えた方が良いでしょう。

 

飛ぶことを理由にいろいろな場所へ送金されている可能性もありますから、今後刑事事件にて事件の全貌が解明されるかもしれません。

マネオは終わった!破産で被害総額や投資金は返済される?のまとめ

マネオですが、終わりました。投資された方はすべて失ったとい考えるほうが良いでしょう。そもそも毎月分配というのは無茶なんですよね。自分が支払った金額が返金されているだけかもしれませんし。

 

次から次に参加者増えれば返済も滞らないですが、入会者が少なくなるにつれて返済できなくなる。ポンジスキームだったのかもしれません。

 

そもそも事業投資して月分配できるような優良事業にマネオが投資できていたとは思えません。