社会

元町駅(神戸)人身事故の復旧はいつ?画像や動画がSNSにUP?被害状況は?

元町駅(神戸)人身事故の復旧はいつ?画像や動画がSNSにUP?被害状況は?

この記事は、元町駅(神戸)人身事故の復旧はいつ?画像や動画がSNSにUP?被害状況についてまとめています。

 

神戸市元町駅で被害が大きな人身事故が起きています。そのため周囲は騒然としている模様。電車も暫くの間、動いていないようですね。

 

元町駅(神戸)人身事故の復旧はいつになるのでしょうか?被害状況などもまとめてみました。

元町駅(神戸)人身事故の被害状況

26日午前8時25分ごろ、神戸市中央区元町高架通、JR神戸線元町駅で、通過中の野洲発姫路行きの新快速電車と人が接触した。JR西日本や兵庫県警によると、ホームから人が飛び込み、先頭車両の窓ガラスが割れた。飛び込んだのは男性(42)で搬送先の病院で死亡が確認された。

出典:神戸新聞

このような人身事故が起きています。その事故の衝撃は凄まじいものがあったようですね。この人身事故が起きた新快速電車ですが、元町駅に停車しないです。そのため、新快速電車の速度はかなり出ていたことが分かります。

 

新快速は最高速度130km/hとも言われています。駅通貨のためそこまで速度は出ていないとしても時速80km/hほどは出ていたのではないでしょうか?

電車内の別の40代男性と20代女性、50代男性、20代男性、性別年齢不明の1人がけがをしたもよう。「先頭の窓ガラスの右側半分が割れていた。ひび割れではなく穴があいていた。乗客にけが人が出たなんて」

もちろん、その急停車した影響で乗車した人にも被害がありました。一部の報道では骨折した人もいるとか居ないとか。身投げした人はまず助からないでしょう。

人身事故で起きた損害賠償請求

今回、人身事故を起こした人物ですが、その遺族に高額な損害賠償請求があることは間違いないでしょう。実損を補填する形で話が進むことなります。2時間ほど京都-姫路間の運転見合わせしていますから、相当な損害賠償金額になるかもしれません。

 

基本的には区間運賃×乗車人数で算出されるのではないでしょうか?そのため、数千万円から数億円もの損害賠償が発生する可能性があります。ただ、本人が亡くなっているために、請求が遺族に向かう可能性があります。そうなると相談して減額の可能性もあります。

 

ただ、死亡した場合は相続が発生します。この場合は、遺族は相続しないことを申請すると損害賠償請求を避けることができるかもしれません(申請は本人が亡くなって3ヶ月以内)。資産・負債ともに放棄することになります。

 

なにもしないままだと、そのまま資産・負債とも相続したものとみなされ損害賠償請求の支払いを背負うことになります。

元町駅(神戸)人身事故の復旧はいつ?

元町駅(神戸)人身事故の復旧については、まだ目処は立っていないようです。警察による現場検証、車両を移動させる作業に掛かる時間など考慮すると26日の夕方には復旧するのではないかと思っていましたが、もう既に再開しています。

 

現状は、京都-姫路間の運転見合わせについて10時半以降、普通と快速の上下線、新快速の上り線で順次、再開しています。というトンデモナイ速さで現場を修復したようですね。

元町駅(神戸)画像や動画がSNSにUP

さすがに現場をSNSに投稿している人はいませんでした。ただ車両の破損度はとても凄いものがありました。

強化されたガラスに穴が空いていますから相当な衝撃だったことが分かりますね。

元町駅(神戸)人身事故の復旧はいつ?画像や動画がSNSにUP?被害状況のまとめ

元町駅(神戸)人身事故の復旧はいつ?画像や動画がSNSにUP?被害状況は?についてまとめました。