女優

永野芽郁の年収は?CM・ドラマ・映画出演のギャラを考察!

人気若手女優の永野芽郁さん。2015年映画「俺物語!!」のヒロインに抜擢された頃より注目され始めましたが、実は小学校3年生で子役デビューを果たして、芸歴13年目になるんです。

 

永野芽郁さんはここ4~5年で人気が急上昇し知名度もアップしました。今やドラマ、映画、CM出演と大忙しです。

 

今回はそんな永野芽郁さん年収はどれくらいなのかと、CM・ドラマ・映画出演のギャラを考察してみました。

永野芽郁の年収は?

永野芽郁の年収

年収を考える場合はその人が1年間でどういう活動をして収入を得たのかを調べて、その合計が年収になります。女優である永野芽郁さん主にドラマや映画CMで活躍されていますので、1年間のそれらの出演料を合わせたものが年収になります。

 

2020年永野芽郁さんの出演ドラマには「親バカ青春白書」でした。「親バカ青春白書」には6話出演しています。映画「仮面病棟」に出演しています。

 

永野芽郁さんのドラマの出演料は、1話あたり70~100万円と言われています。これから計算すると70~100万円×6話=420~600万円になります。

 

映画の出演料1本100万円と言われていますので100万円×1本=100万円になります。ただ主演の場合はもっと高いと言われています、ちなみに「仮面病棟」は主演でした。

 

永野芽郁さんは2020年CM契約「アサヒ飲料・味の素・イーオン・花王・コーセー・サンスター・野村證券・HOYA・UQコミュニケーションズ」9社でした。

 

2019年時点で永野芽郁さんのCM契約額1本あたり1800万円と言われていますので、1800万円×9社=1億6200万円になります。

 

あと永野芽郁さんはNNNドキュメント’20のナレーションもしていますし、写真集も出されています。

 

それらのものを全て合わせたのが年収になりますので、2020年の年収は1億7000万円位にはなると言われています。

永野芽郁のCM・ドラマ・映画出演のギャラを考察!

永野芽郁のCM・ドラマ・映画出演

永野芽郁さんは2020年はCMは9社と契約しています。

 

芸能人は女優や俳優に限らず、お笑い芸人も歌手もみんなそれぞれCMの契約額というのがその人の知名度や人気度によって違ってきます。永野芽郁さんは2018年はCMの契約額が1500万円でしたが人気が上昇し、2019年には1800万円になっています。

 

2018年2019年と女性タレントでCM契約額が1番高いのは、綾瀬はるかさんで5500万円と言われています。2位が吉永小百合さんと米倉涼子さんで5000万円、3位は石原さとみさん、北川景子さん、有村架純さんの3500万円。

 

そんな中、若手の永野芽郁さんが1800万円とはたいしたものだと思われます。永野さんはまだまだ若いですし、人気も上昇中ですからまだまだ上がっていくものと思われます。

 

次にドラマや映画の出演料ですが、これもまたCMと同じで人により出演料は違います。永野芽郁さんはドラマに出演したら1話で70~100万円と言われています。1番高い人は米倉涼子さんで1話600万円と言われています。石原さとみさんは1話200万円だそうです。

 

これもまた人気が上昇していけば1話あたりの出演料が上がるというものです。永野芽郁さんは人気は上昇中なので、今後ますますアップしていくものと思われます。

 

そんな永野芽郁さんですが人気急上昇前の2016年の年収は、600~700万円ぐらいと言われています。その後ドラマ出演で人気が急上昇しCMの契約額3倍になったと言われています。

 

それでも2018年の年収3000万円と言われています。

永野芽郁の年収は?のまとめ

いかがでしたか?若干22歳の永野芽郁さんですが、かなりの額を稼いでいることが分かりましたね。まだまだこれからどんどん年収は上昇していくと見られている永野芽郁さんです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。