アーティスト

中島美嘉が歌下手すぎと話題に!原因は過去に患った難病か?

中島美嘉が歌下手すぎと話題

この記事では中島美嘉さんが歌が下手すぎると話題になったことについてやその原因について調べていきたいと思います。

 

中島美嘉といえば2001年にデビューし歌手や女優として活躍している方です。

 

2003年にリリースした「雪の華」2005年に主演として出演した「NANA」最近ではネットフリックスのテレビドラマに出演していたので知っている方も多いと思います。

 

そこで今回はそんな中島美嘉さんについて中島美嘉が歌下手すぎと話題に!原因は過去に患った難病か?といった疑問について調べていきたいと思います。

 

中島美嘉さんに興味がある方や詳しく知りたい方はぜひ最後までご覧ください。

中島美嘉は歌が下手だと話題?

中島美嘉出典:KYUNKYUN

 

2001年から歌手としてデビューして2003年には「雪の華」という曲が日本だけでなく韓国でも流行した中島美嘉さん。

 

そんな有名な歌を歌っていた中島美嘉さんが最近「歌が下手になった?」などといわれていることをご存知でしょうか?

 

この件について調べた結果、確かに中島美嘉さんの歌について「歌が下手になった」「声が出ていない」「高音が出てい居ない」などのこえがありました。

 

このようなことが言われるようになったきっかけは2019年1月30日に放送された「スッキリ」だそうです。

 

中島美嘉さんはこの「スッキリ」に出演し生歌を披露しましたがこの時中島美嘉さんが声が出ていないように感じたりした方がいたようですね。

 

中島美嘉さんの歌については「朝だから声が出ていないのでは?」「15年前の歌だからでは?」などの声もありましたがやはり歌が下手になったなどの声もあったようです。

 

ではなぜ中島美嘉さんが歌が下手になったなどのこえが出てきたのでしょうか。

 

次は中島美嘉さんが歌が下手になったといわれている原因について調べていきたいと思います。

中島美嘉の歌が下手になった原因は?

中島美嘉の歌が下手になった原因

中島美嘉さんが歌が下手になった件について調べた結果、原因は2つあると考えられます。

 

1つ目は、中島美嘉さんが年をとったことです。

 

中島美嘉さんがスッキリに出演したときは2019年でデビューしてから15年以上たっていることになります。

 

披露した曲をリリースした当時に聞いていた方は以前に比べて声が出なくなったなどの違和感があったかもしれませんね。年齢を重なると高い歌声が出しづらくなることは誰にでもおきることです。

 

2つ目は、中島美嘉さんが以前患った病気が原因だと考えられることです。

 

中島美嘉さんが本当に歌が下手になっていたとしたらこれが一番可能性が高いと思われます。

 

その原因とは中島美嘉さんが過去(2010年)に両耳に耳管開放症という病気を患っています。

 

耳管開放症とは耳と鼻、喉をつなぐ管が開きっぱなしになることで耳がふさがった感じがしたり自分の声や呼吸の音が耳に響いてしまう病気です。そのため、歌手にとっては音程が取りづらくなり歌ことに支障をきたします。

 

耳管開放症はストレスが原因になっていることが多く発症すると疲労感などによって精神的な影響を受けることが多いようです。人前で常に注目される存在ですから、相当なストレスがあったことが分かりますね。

 

この病気が原因で中島美嘉さんは2010年に活動を休止していました。

 

中島美嘉さんが音程をとることができていなかったり高音が出ていない原因はこの病気が関係している可能性が高いですね。

 

中島美嘉さんにとってこの病気は歌手として大きな影響を与えたかもしれませんが現在は歌手として活躍をしているので今後も頑張ってほしいですね。

まとめ

この記事では中島美嘉さんが歌が下手だといわれている件についてやその原因について調べていきました。

 

中島美嘉が歌下手すぎと話題に!原因は過去に患った難病か?といった疑問は解決しましたか?

 

中島美嘉さんについて興味が出た方や他にも知りたいことがある方はぜひ他の記事もご覧ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。