自然

南海トラフ地震はいつ起きる?最新情報や予言が気になる!

南海トラフ地震はいつ起きる

地震によって壊滅的打撃を

経験したことのある

我々日本人。

 

地震というワードには

無意識に体が強張る気がします。

 

最近では南海トラフにて

大地震が起きる、と

よく言われていますが

その真偽はどうなんでしょうか?

 

また起きた場合の被害や

いつ起きるのかについての予言など

色々とピックアップしていきますので

ぜひ最後までご覧ください!

そもそも南海トラフ地震って?

南海トラフ地震はいつ起きる

その範囲はどのくらいのものなのか。

静岡から宮崎まで、広範囲に渡り

通っているプレートで発生する

大地震です。

 

ちなみに、今回の地震が

初めてではありません。

過去に南海トラフ地震は

発生したことがあります。

 

その1番新しいものは

1946年末に発生した

昭和南海地震ですね。

 

その規模はマグニチュード8!

被害は死者、不明者合わせ

1330名にも登り家屋は全壊、半壊、

流失や焼失など 全て合わせると

2万弱もの家屋が被害に合っています。

 

なんとも恐ろしい話ですが

それが再び発生しようと

しているんですね。

 

では、なんでそんなことがわかるのか

そこについても触れていきます。

 

単純にひずみが観測されているんです!

1年で5センチ沈むと言われている

このプレートは、なんと163年もの年月を

経て沈み続けており、

現在はそのひずみは815センチ!!

 

地震が発生することで

ひずみは元に戻りますが、

しかしその反動は凄まじいものです。

 

今も沈み続けて、もしかしたら

明日にも地震が起きるかもしれないと

考えると恐ろしいですよね。

 

そうなんです。気象庁によれば

いつ発生してもおかしくない状態なんだとか。

しかしそれでは対策のしようも

ないじゃないか、と思いますよね。

では、次にそのあたりについても

触れていきましょう。

南海トラフ地震の予言!名だたる預言者から未来人、歴史上のあの人も?

南海トラフ地震はいつ起きる

そうなんです。

なんと予言をしている人たちが

いるわけですね。

 

いったいいつ起きるのか、

それがわかれば対策のしようも

あるというものです。

 

その一部を紹介させて頂きます!

1 ジョセフ・ティテル

2017年3月までに発生すると

予言しましたが……

私がこの記事を2017年10月に

編集しているということは

そういうことですね。

 

でも実際、科学的な根拠からしても

この予言は結構信憑性があったようです。

 

2 木村 政昭

この方は東日本大震災も的中させた方です。

マグニチュード8.5もの大地震が発生し、

大津波が東京湾に 押し寄せると予言。

しかし日時、年月などは公表せず……。

 

そういう言わない系がめっちゃ気になると

いうことを分かってのことですかね?

 

3 聖徳太子

ええ!?って感じですけど

まさかのこの方です。

 

しかし実は黒船が来航し

京都から東京へ首都が移されることを

予言していたようで

あながち信憑性がないとも

言い切れないわけですね。

 

その予言は2017年に東京が破滅する、

といった内容の予言でした。

(表現が難しいので割愛します。気になる方はご自分で)

この破滅が地震か、津波か、

それとも原発か、活火山か?

なにが原因かはわかりませんが

予言しているのです。

 

4 未来人

2010年〜に掲示板で話題を呼んだ

未来人です。

 

一応、彼がいうことは

的中している部分もあれば

していない部分もあり、

半信半疑な状態で

掲示板は賑わいを見せていました。

 

その未来人の言によれば

2016年時点で予測している

10倍想定外のことが起きる……

 

それが何の10倍なのかは

わかりませんでしたが

強力な地震であることはわかります。

 

そしてそれが避けられないというと共に、

日本の未来は明るいと締めくくっています。

 

まだまだ予言している方はいるのですが

きりがないのでこれくらいにしておきます。

 

一応言っておきますが、

あくまで予言であり

必ずしもこの通りになるという

わけではないので悪しからず。

南海トラフ地震の被害規模は?気象庁から予測!

南海トラフ地震はいつ起きる

ではもしも実際におきた場合、

その被害や規模はどれほどのものか

気象庁の公式発表から推測してみました。

・マグニチュード9.1
・波高最大32m
・避難所生活者最大500万人
・崩壊家屋約238万
・震度6〜7
・断水3440万人
・停電2710万軒
・電話回線930万回線不通
・経済被害220兆3000億円
・食糧不足1週間9600万食
・水不足1週間1億4500万L

いかがでしょうか。

こうして数字で見てみると

その凄まじさが垣間見えるのでは

ないでしょうか?

 

食料は1週間で9600万もの不足、

水はなんと1億を超える結果に……。

 

あらゆるものが不足する事態になり

電話もままならない、ネットで

情報を得ることも、食料も

水も不足し、生活するところも

無くなる……。

 

正直、どうすればいいのか

全く想像もつきません。

 

地震の一般的な対策としては

常に避難グッズを用意しておき

いざ逃げる時には何を持って逃げるのか

どこを通りどこへ行くのか?

そういったところを抑えておく必要がありますね。

 

ですが、予想外の出来事もおきうる規模です。

南海トラフ地震には十分に注意し、

できうる最大の準備をすることが

寛容でしょうね。

まとめ!

多くの預言者は2017〜2020年に

発生すると予言しています。

 

また、気象庁でも

いつ発生してもおかしくないと

公表しているのです。

 

その規模は間違いなく

過去最大クラス。

 

一人一人が準備を整えて

一丸となる事が大切ですね。

 

それでは最後までご覧いただき

ありがとうございました!