社会

日医工の自主回収の花粉症薬【抗アレルギー薬】

日医工の自主回収の花粉症のジェネリック薬は?

この記事は日医工の自主回収の花粉症のジェネリック薬は?という話題についてまとめています。3月となると花粉症の季節になりました。そこで病院に行って薬を処方してもらっている人も多いと思います。

 

処方されている薬はジェネリック薬でしょうか?その場合は、製造元を確認した方が良いかもしれません。日医工の自主回収の花粉症のジェネリック薬について見ていきましょう!

日医工の自主回収の花粉症薬【抗アレルギー薬】

日医工の自主回収の花粉症のジェネリック薬

今回の日医工のジェネリック薬の自主回収ですが、大きな社会問題となりつつあります。日医工はジェネリック薬でも業界第2位というとても重要なポジションの会社です。社会的にも重要な会社であることは分かると思います。

 

その最大手後発医薬品会社が不正を行いました。基準に満たない薬を出荷・再形成して出荷など、考えられないことを行っています。日医工が倒産するのではないかというレベルにヤバいことをしています。

 

もちろん、花粉症の症状を和らげるための抗アレルギー薬のジェネリック薬も製造していました。病院によっては日医工の製品を採用していますから、あなたの処方された薬は大丈夫でしょうか?

日医工の自主回収の花粉症薬

日医工生産の自主回収する花粉症ジェネリック薬ですがいくつか種類があるようですね。数が多いために、別の記事で日医工自主回収の薬品名一覧でまとめていますので、自身が処方されているお薬があるか確認してください。

 

どうしても分からないようであれば、処方された病院で確認することをおすすめします。ただ、幸いなことに今のところは健康被害に関する情報がありません。・・・ですが、かなり気持ち悪いですから、日医工の製品だと分かったら服用しずらいですね。

日医工の自主回収の花粉症のジェネリック薬は?のまとめ

日医工の生産している花粉症のジェネリック薬ですが、いくつかあることがわかりました。現状は健康被害こそありませんが、こんな最大手が不正を働くとは誰が考えたでしょうか?コストカットという面で不正を働いたみたいですが、、、薬でそれはマジで勘弁です(汗)