社会

日医工がやばい!自主回収の薬品名一覧【2021】製品管理に異常!

日医工がやばい!自主回収の薬品名一覧

この記事は、日医工がやばい!自主回収一覧【2021】製品管理に異常!という話題についてまとめています。これはかなり大きな社会問題となりつつありますね。今後、さらに報道が加熱する可能性があります。

 

日医工という会社ですが、ジェネリック薬を製造販売している会社です。日本国民の誰もが一度は日医工のお薬を服用したことがあるでしょう。最大手とも言って良い医薬品メーカーです。

 

日医工がやばい!ということですが、2020年から自主回収品が増えていました。そして、その数は増えて自主回収する数が半端なく増えていました。その品目を一覧で見ていくことともに、製造販売の異常さについても報道をまとめています。

日医工がやばい!製品管理に異常!

日医工がやばい!自主回収の薬品名一覧

報道されている内容は複数ありましたが、以下の通りでした。

・定められた数値に収まっていない薬を出荷

・製品不備があった薬を砕いて再形成

・品質試験の際の記録の不備

これらの他にも不備が見つかっているようです。ただ、まだ健康被害の報告はないとのことですから、不幸中の幸いだとも言えますね。

 

なぜこんなヤバい管理体制だったのでしょうか?普通に製造工程にいる人間が支持するというよりもコストカットを行う責任を追っていた人物や部署が手動して組織ぐるみで行った犯行ではないでしょうか?

 

どの部署の誰がどうしてこのような状態で製造を続けていたいのか、徹底的に検証する必要がありそうです。私たちが普段から処方されている薬ですから安全第一ですよ。なぜ、そんな基準を守れていない薬を出荷できるのでしょうか?

 

製薬メーカーとしては最底辺の会社だと言わざる負えません。今後、信頼回復とか言っていますが、ジェネリック薬を使うことをためらう人も増えるでしょう。

 

医療費が増加することも考えられますから、日医工がやったヤバい管理には、それ相応のバツが必要だと感じますね。他の記事に日医工社長は世襲制だったことや田村友一社長についてもまとめています。

日医工がやばい!自主回収一覧【2021】

日医工のやばい薬

2020年から自主回収を行っていた日医工ですが、以下の薬が回収対象となっています。相当な量ですから驚き以外ありません。

【2021年1月13日】

アムロジピン錠10mg
アムロジピンOD錠2.5mg
アンブロキソール塩酸塩錠15mg
エチゾラム錠1mg
エバスチンOD錠10mg
オルメサルタンOD錠20mg
オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg
オロパタジン塩酸塩OD錠5mg
カリジノゲナーゼカプセル25単位
カリジノゲナーゼ錠25単位
カリジノゲナーゼ錠50単位
カンデサルタン錠8mg
グリメピリドOD錠1mg
ジピリダモール錠25mg
シメチジン錠200mg
セチリジン塩酸塩ドライシロップ1.25%
テモカプリル塩酸塩錠2mg
ドキサゾシン錠2mg
ドネペジル塩酸塩細粒0.5%
トリアゾラム錠0.125mg
トリメブチンマレイン酸塩錠100mg
バルサルタン錠40mg
ピタバスタチンカルシウム錠4mg
ピタバスタチンカルシウムOD錠1mg
プラバスタチンナトリウム錠5mg「NikP」
プラバスタチンナトリウム錠10mg「NikP」
プランルカスト錠112.5mg
ブロチゾラム錠0.25mg
プロピベリン塩酸塩錠20mg
ベポタスチンベシル酸塩OD錠10mg
ペングッド錠250mg
ベンコール配合錠
メサラジン錠500mg
モンテルカスト錠10mg
ランソプラゾールカプセル15mg
ランソプラゾールOD錠15mg
ロフラゼプ酸エチル錠1mg
ロフラゼプ酸エチル錠2mg

【2020年12月9日】

オフィリン徐放ドライシロップ小児用20%
ランソプラゾールOD錠30mg
リシノプリル錠10mg

【2020年11月9日】
タムスロシン塩酸塩カプセル0.2mg
ニチコデ配合散
バラシクロビル顆粒50%
プラバスタチンナトリウム錠10mg
ホスホマイシンカルシウムカプセル500mg

【2020年9月16日】
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT
ジアスターゼ
パンクレアチン

【2020年7月31日】
ゾレドロン酸点滴静注液4mg/100mLバッグ
リネゾリド点滴静注液600mg
レボフロキサシン点滴静注バッグ500mg
レバミピド顆粒20%

【2020年5月18日】
イフェンプロジル酒石酸塩錠20mg
オキサトミド錠30mg
オルメサルタンOD錠40mg
オロパタジン塩酸塩OD錠5mg
クリノリル錠50
クリノリル錠100
ゾルピデム酒石酸塩錠10mg
プラバスタチンナトリウム錠10mg
メキシレチン塩酸塩カプセル50mg

【2020年4月7日】
ATP腸溶錠20mg
オルメサルタンOD錠20mg
グリメピリド錠1mg
セファクロルカプセル250mg
セフテラムピボキシル細粒小児用10%
テオフィリン徐放錠100mg
テプレノンカプセル50mg
テプレノン細粒10%
ニコランジル錠5mg
プラバスタチンナトリウム錠5mg
プラバスタチンナトリウム錠10mg
ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg
メキシレチン塩酸塩カプセル50mg
ランソプラゾールカプセル15mg
ランソプラゾールカプセル30mg

数えるのが大変なほどのジェネリック薬が自主回収となっています。これらの薬は基準を見対していない、製造方法に不備がある可能性があるため回収されています。今、服用している薬がある場合は、直ぐにかかりつけ医に相談してください。

 

他の記事に日医工については連発する自主回収発表から倒産するのではないかという心配の声も挙がっていり現状をまとめています。

日医工がやばい!自主回収一覧【2021】製品管理に異常!のまとめ

日本でも大手ジェネリック薬製造メーカーの製品管理に問題があったことで自主回収が続いています。かなり種類・量の薬が回収されています。どうしてこのようなことを起きたのでしょうか?

 

大手でこれですから、他の大手・中小にも立入検査等を行ったほうが良いのではないでしょうか?何か起こってからでは遅いですからね。今後の政府の対応にも注目したいところです。