ノロウイルスが猛威を奮っていますね。例外なく息子もノロウイルスにかかってしまいました。そこで今回はノロウイルスについてどういった症状があるのか?どれくらい潜伏期間があるかなど調べたことをまとめています。ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。


そもそもノロウイルスとは?

ノロウイルスとはよく言いますがどんなウイルスかわかっている人はそんなに多くないと思います。ノロウイルスは小型球形ウイルスです。幼児の間で11月~1月ごろ突如流行ります

 

大人が感染する経緯としては、2枚貝を食べたときに感染することが多いです。言ってしまえば食中毒の原因。寒い時期だと牡蠣を食べてあたったということを聞きますがそれはノロウイルスです。

 

もちろん、子どもがいるご家庭では特に乳幼児の場合は排泄物や戻した物の処理を行うさいに感染することが多いです。お子さんを病院にノロウイルスで連れてきた2,3日後に親も診察に来る。というように家族内で流行ることもかなりの確率であるようですね。それほど、ノロウイルスは移りやすいということが言えます。


ノロウイルスの症状は?

ノロウイルスの症状は、よく言われることが嘔吐、下痢、熱です。下痢までいかなくてもお腹がゆるくなる程度で済む場合もあります。また、熱はないけど、嘔吐と下痢。嘔吐はないけど、熱と下痢。

 

このように全ての症状が出るわけでなく組み合わせや単発で症状がでることもあります。また、インフルエンザの流行時期と同じなためノロウイルスとインフルエンザのダブルパンチで発症することもあるようです。

 

嘔吐や酷い下痢の場合は、ノロウイルスの可能性が高いので早めの診察をオススメします。


ノロウイルスの潜伏期間は?

たとえば、お子さんがノロウイルスに感染したとします。もちろん、普段から接することがある親もノロウイルスが体内に入る可能性はかなり大きいです。しかし体内にノロウイルスが侵入したから絶対に感染するというワケではないです。その時の体調や体質などで発症するかどうか?変わってきます。

 

だいたい、ノロウイルスを摂取した場合、2~3日程度で発症します。そのため潜伏期間は2,3日と言われています。しかし、ここで注意してほしいことがあります。それは、ノロウイルス感染者の体内には完治後も数日ノロウイルスがいる、ということです。

 

乳幼児のお子さんがいらっしゃる方は特に気を付けて欲しいのです。排泄物を処理した後は、こまめにしっかり手洗いを行いましょう。


ノロウイルスはいつまでかかるの?

ノロウイルスで気にあるといえばもし発症したら完治までにどれくらい時間がかかるのか?ということでしょう。基本的には2~4日程度で完治することが多いです。ただし、成人が発症した場合は、発症後から3日程度は、絶食を行った方がいいでしょう。

 

ノロウイルスは腸で繁殖します。そのたま、腸内に食べ物があるとそれを媒体に繁殖してしまいます。そうなると完治が遅くなりますね。苦しいかもしれませんが、ゼリーやアイスなどで済ませておくことをおすすめします。

 

もちろん、完治したからと言って体内にはノロウイルスはいるので数日間は気を付けるようにしましょう。また乳幼児の場合は、一晩もすれば翌朝には何事もなかったかのように元気になる子もいるようです。

ノロウイルスを予防するには?

1番良いことはノロウイルスに感染しないことです。嘔吐下痢を発症していなくても体内にいるノロウイルスが潜んでいることも多々あります。つまり、発症していないけど他人に感染してしまう可能性があります。そのため、家族内にノロウイルスの症状がある場合はマスクをしましょう。

 

また、一番効果的な予防策としては消毒を行うことです。もちろん、家族内に発症する人がいればこまめに消毒するといいでしょう。消毒用アルコールでノロウイルスは99.99%も殺すことができます。その効果は絶大です。

 

また、家にノロウイルスを持ち込まないという面では話をすれば、携帯電話も消毒する方がいいでしょう。外で使っていることが多いのでノロウイルスなどの菌が付着しています。アルコールが使用されているクリーナー等で拭くだけで効果的です。

消毒液はカンタンに作れる!

消毒用アルコールを持っていないということであれば、家庭にあるものでカンタンに作ることができます。それは塩素系漂白剤です。それでは作り方を見ていきましょう。

【用意するもの】

■ 500mmのペットボトル(よく洗ってから使用します)
■ 家庭用塩素系漂白剤
■ じょうご(金属製は不可)
■ ゴム、ビニール手袋は必ず。

 

【消毒液の作り方】

① 500ccのペットボトルに、少し水を入れ、じょうごなどでこぼさないように塩素系漂白剤を約10㏄入れます。10㏄の目安は、塩素系漂白剤のキャップ約半分ぐらい。(メーカーにより多少異なりますがキャップの容量は約22~25㏄です)ペットボトルのキャップなら約2杯(1杯5㏄)

 

1000ccのペットボトルで消毒液を作る場合は、塩素系漂白剤のキャップ8分目~1杯入れます。ペットボトルのキャップなら約4杯(一杯5cc)。

 

② そして、水をいっぱいになるように入れます。ペットボトルのふたをキッチリ閉めよく振って完成です。カンタンですが、これで消毒液を作ることはできます。もちろん不安だ!という方は市販されているのもを購入してもいいでしょう。

嘔吐物を処理する方法

先ほど作った消毒液ですが、もちろん嘔吐物を取り除いた後に仕上げで拭き上げるために使います。嘔吐物を処理するにも方法があります。上図のようにように、中心に集めるように処理するようにしましょう。

 

その後、地面が乾かない内に消毒液でキレイに拭きあげます。乾いてしますとノロウイルスが空気中に飛散して感染するリスクが高まります。もちろん、袋は密閉してゴミ箱に処理しておくこと必須です。

さいごに。

ノロウイルスは突然流行るので防ぎようがない感があります。すこしでも被害を少なくできるように正しい対処方法を取ることが感染を防ぐカギになります。ならないことが一番ですね。日ごろから手洗いうがいマスクなどで予防しましょう!

この記事も読まれています。

ロタウイルスの大人症状や潜伏期間は?消毒方法やおすすめグッツを調査!


DAZNで今なら2か月完全無料!

コパアメリカ DAZNでは、J1~J3まで独占配信中です!さらには、「2019−20シーズン:プレミアリーグ独占配信」「UEFAチャンピオンズリーグ決勝 独占配信(地上波放送は廃止)」というサッカーファン大絶賛の内容です!そして「サッカー日本代表 南米選手権大会コパアメリカ 全試合独占配信」に注目です!   その他のスポーツも充実!「読売ジャイアンツ配信開始」「ボクシング Matchroom/Golden boy」「MLB」「F1」も配信中!
   
LINEで仮想通貨の値上がり情報を受け取りませんか?いまなら完全無料で利用することができます!老後2000万円の問題もあるため、賢く資産運用していきましょう!