社会

小倉美咲は誘拐犯人は?クマ説も?初対面オフ会キャンプ?当時の状況も!

とても心配になるニュースが報じされていますね。それは、小倉美咲ちゃんという7歳の女児が椿荘オートキャンプ場で行方不明となって4日目(9月24日現在)です。

 

わたしは、この椿荘オートキャンプ場に何度か訪れたことがあるので、その点でも気づいたことを書いていきます。

 

捜索が開始されて多くの方が小倉美咲ちゃんの捜索に参加しています。ですが、一向に見つかる気配がありません。本当に神隠しとはことのことを言うのでしょうか?

 

この記事では、小倉美咲ちゃんが行方不明になったキャンプ場や当時の状況をまとめました。

 

さらには、ここまで見つからないということは「誘拐」の可能性はないのかなど調査してみました。

 

最新情報だと『オフ会の初対面』という状態だったようです。

 

仲間、、、と言っている感じから、なぜ友人でない?と思っていましたが、そういうことだったんですね。

小倉美咲ちゃんが行方不明のキャンプ場はどこ?

椿荘オートキャンプ場の場所は地図の通りです。このキャンプ場の周りにはいくつかキャンプ場が存在しています。ハイシーズンになるとどのキャンプ場も賑わっています。人気のキャンプ場が集まっている場所ですね。

 

行方不明になったのは9月20日ということでハイシーズンほどは利用客はいなかったともいます。そのため、目撃証言もかなり少ないようですね。

 

9月末になると寒さも増しますのでキャンプ客は少なくなっています。

行方不明になった当時の状況は?

小倉美咲ちゃんですが、当時30人程度の団体で家族旅行に来ていたようです。その中には、子どもいました。子どもたちが午前中に遊んでいた場所があります。詳細な場所までは公開されていません。

 

午後からは子供たちは午前中の場所とは別の場所で遊ぶと言って子供たちで遊びに出掛けたそうです。ですが、小倉美咲ちゃんはご飯を食べるのが遅れたため、後から合流しようとひとりで他の子どもたちのところへ行ったようです。

 

そして、子どもたちが帰ってきて小倉美咲ちゃんがいないことに気づきます。

 

母親は周囲を1時間以上探し回りましたが、小倉美咲ちゃんを発見することができませんでした。その後、警察に通報して捜索が本格的に始まりました。

 

子どもたちが午前中に遊んでいたところへ行った可能性が高いと思いますが、捜索もその周辺からスタートしたようですね。ですが一向に手がかりすら掴めない状況です。

 

「なぜ一人で行かせたのか?」と思うかもしれませんが、それほど迷うような作りではないために、小学生であればひとりで行かせることも分かりますね。わたしも同じように言っていたことでしょう。

現状の捜索態勢は?

キャンプ場内には沢があります。水が流れているようですが、7歳の子どもが流されるような水量はありません。

 

わたしも遊んだことがありますが、小学生低学年の子どもが流される可能性は低いと感じています。

実際の沢の画像ですが、全然深くないんですよね。

 

雨が降ったとは増水することもあるようですが、行方不明当時の水量はそれほど多くなかったんだとか。

 

そうなると考えられるのは「森の中に迷い込んでいる」「誘拐された」「ツキノワグマに襲われた」が考えらえるでしょう。

森の中に迷い込んでいる

最も可能性が高いのは森の中に迷い込んでいるでしょう。昨年もスーパーボランティアの方によって男児が発見されましたよね?

 

あの件も、捜索してある程度、日にちが経過していました。灯台元暗し、ということで近いところで迷い込んでいるかもしれません。

誘拐された

まあ、ないとは思いますが、誰かしらにより誘拐されたということはないでしょうか?可能性がゼロだとは言い切れませんね。

 

ただ、誘拐を考えている人物がキャンプ場にいるのか、、、それとも怨恨で小倉美咲ちゃんを誘拐?ここまで見つからないといろいろと考えますよね~。

 

その線でもしかすると捜査が進んでいる可能性もあるかもです。

ツキノワグマに襲われた

そしてツキノワグマに襲われた可能性です。

 

  • 平成29年度の山梨県内における人身被害件数:4件(6月、7月(2件)、11月)
  • 平成30年度の山梨県内における人身被害件数:2件(7月、8月)

 

山梨県ではツキノワグマについてこのような被害が近年あった報告をしています。ですが、山梨県南都留郡道志村の周囲では目撃されていないようです。

 

しかしながら、自然界のことですからどこにキノワグマが生息しているのかは分かりませんね。見つからないということは否定できない可能性です。

 

が、ツキノワグマはそこまで大きなクマではありません。クマに食べられた、、、ということを想像しそうですが、それはないと考えて良いでしょう。

 

もし仮に襲われていたとなると遺留品などが残されていることでしょうから、それすら見つからない、、、驚いて逃げたとしても見つからない、、、本当に神隠し、、、。

捜索5日目(2019.9.25)

自衛隊175名+ボランティア50名以上で捜索が行われたようですが、一切手掛かりがなく5日目も終了したようです。こうなると、本当に誘拐事件にでもあったとしか考えられない気もしますよね。

捜索6日目(2019.9.26)

捜索6日目ですが全く足取りの手掛かりも見つからない状態です。そのため、警察が遭難と事件の両面で調べていることが分かりました。ここまで見つからないと事件と見るのが良いのではないかと、、、。

 

ですが、万が一のこともあるのでいつまで捜索を続けるのかは本当に判断は難しいところ。明日で1週間になります。仮に山で遭難しているのであれば、、、一刻も早く見つかってほしいですね。

捜索7日目(2019.9.27)

遭難しているとなるとかなり身の危険が迫っている。もしくはもう手遅れかもしれないレベルまでに至っています。さらに捜索範囲を広めていますが、全く手掛かりがない状態のようです。地域住民への声かけも警察が行っているところが印象的でした。

捜索8日目(2019.9.28)

この日も結果としては見つかることはありませんでした。しかし、ボランティアとして捜索をしていた男子から崖から落ちて怪我をしたと連絡があったようです。

 

とても心配なニュースですね。このように山登りしている方でも転落するような場所があることがから美咲ちゃんに脅威になることが多々あることが容易に想像できます。

捜索9日目(2019.9.29)

この日は前日、捜索メンバーで崖から落ちて怪我をした男性を救助されました。2次被害が起きてしまったことはどうしようもないですね。この日も小倉美咲ちゃんに繋がる手がかりは見つかっていません。本当にもうどうしたんだろう。

 

そうなると小倉美咲ちゃんは近くにいない?と判断される可能性がそろそろ出てきそうな気もしますが、、、かなり難しい判断となりそうです。捜査に進展があるのでしょうか?

誘拐事件の可能性も!捜索10日目(2019.9.30)

本日は、捜索隊の人数も絞られていました38名。事件の可能性が高いと判断したため公開捜査が行われることに決定しました。

 

初対面の家族とのキャンプオフ会ということだったという情報も出てきています。もっと参加者に事情聴取を行った方がいいかもしれませんね。

 

こちら小倉美咲ちゃんの顔画像が全面的に公開されました。少しでも何でも良いので見たことがあるような気がする方は情報提供のほど宜しくお願い致します。

 

情報提供先:山梨県警大月警察署 0554−22−0110

 

公開捜査は、本当に行き詰った場合に行われるため警察も全く情報を掴めていないことが分かります。今後、小倉美咲ちゃんによる情報提供があることを祈るしかありませんね。

誘拐事件の可能性も!捜索11日目(2019.10.1)

小倉美咲ちゃんが行方不明になり11日目にもなりました。その捜索はキャンプ場近くの小川が道志川を経由して流れ着く、相模原市緑区の道志ダムまでも及んでいます。

 

小倉美咲ちゃんを探し機動隊員が水中を探しましたが、全く何も手掛かりになるものはありませんでした。

 

また、ボランティアで捜索に加わっていた方がクマ2匹と遭遇して逃げる際に足首を骨折しています。もしかして、、、、汗

捜索12日目(2019.10.2)

引き続き捜索が行われています。が、この日も見つかることはありませんでした。手掛かりすらない状態です。こうもなると誘拐事件の可能性が高いように思えます。

 

山中のため、車で連れ去られたと考えるのが無難そうですね。しかしながら、防犯カメラ設置は田舎のためにそれほど多くはないでしょう。

 

仮に誘拐事件だとしたら目撃証言が寄せられる以外に手掛かりをつかむことができない苦しい状態と思われます。

行方不明の当日の服装も公開されています。情報提供先:山梨県警大月警察署0554−22−0110にもしかしてと思う方は情報をお寄せください。

捜索13日目(2019.10.3)

この日は自衛隊が入っていない急な斜面の山を中心に捜索しましたが依然、手がかりは見つかっていません。35人体制で捜索は行われました。全く手掛かりがない、、、とは。

捜索14・15日目(2019.10.4/5)

取材を行っていたテレ朝カメラマンが5メートル転落してろっ骨骨折などの怪我を負っています。これまでにおよそ1000件の情報が寄せられているようですが、重要な手掛かりとなる情報は全くないとのことです。

 

10/5で行方不明から2週間が経過しました。まだ森で遭難しているのであれば、考えたくはありませんが最悪の結果になっていると言わざるを得ないですね。本当に、、、どこへ、、、。

捜索16・17日目(2019.10.6/7)

ついに行方不明から17日目にして大規模な捜索が終了しました。ボランティアが自主的に小倉美咲ちゃんを探す組織を設立しています。これからも懸命な捜査活動を行う方もいらっしゃるということです。

まとめ

小倉美咲ちゃんが行方不明になり17日目大規模な捜索は打ち切られることになりました。本当に、両親のことを考えると胸が詰まる想いです。

 

小倉美咲ちゃんについて所在が早く分かること祈っています。