現在、世界ランキング2位、日本ランキング1位の強さを誇っている奥原希望選手。

 

もちろん東京オリンピックではメダル候補としても期待されています!

 

フットワークを生かした粘り強いプレースタイルが持ち味で、正確なシャトルコントロールを駆使した駆け引きも抜群の選手です。

 

怪我を乗り越え、2016年リオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを獲得しました。

 

今回は、奥原希望選手の経歴や愛用ラケット、反響を呼んだネックレスなどをご紹介いたします。


奥原希望のプロフ!経歴や戦績も!

  • 氏名:奥原 希望(おくはら のぞみ)
  • 生年月日:1995年3月13日
  • 出身地:長野県大町市
  • 身長:156cm
  • 利き腕:右
  • 所属:太陽ホールディングス

 

奥原選手は、父親と姉、兄の影響を受けて、小学校2年生からバドミントンを始めました。

 

小学校6年生時にはANAアジアユースジャパン、U13で優勝、全国小学生ABC大会で2位、全国小学生バドミントン選手権大会で女子シングルスベスト8に進出します。

 

大町市立仁科台中学校に進学してからは、2年の時には新人部門でシングルス優勝、3年の時ではジュニア部門でシングルス2位の成績を残しました。

 

高校は、長野県から単身で埼玉県立大宮東高等学校に進学し、1年生、2年生の時に全日本ジュニア選手権で優勝という2連覇を達成します。

 

さらに2年生、3年生の時にはインターハイ優勝という2連覇を達成し、向かう所敵なしの強さをもっていました。


奥原希望のプレースタイルや強さの秘訣は?

奥原選手は身長156cmと小柄で、外国人選手との体格差は一目瞭然です。

 

身長が高い方が手足が長く、有利だといわれていますが、なぜ奥原選手は小柄なのに強いのでしょう?

 

奥原選手の武器は、体の柔らかさ、柔軟性にあります!

 

 

他の選手であれば届かない場所にシャトルが来ても、奥原選手は届いてしまうのです。

 

具体的にいうと、相手が打ったスマッシュを前方できつい体勢のまま返したとします。

 

そのシャトルを、相手が後方へ上げても奥原選手は体勢を立て直し、さらに打ち返せるということです。

 

シングルスのコートの広さは、約70平方メートルで、基本的は3歩ほどで動きながらプレーしますが、奥原選手は柔軟性に長けているため、一歩が大きく、かなり有利な武器をもっています。

 

シャトルコントロールや駆け引きも完璧なため、試合中はまったく隙がありません。


愛用ラケットやネックレスも紹介!

奥原選手が愛用しているラケットは、ミズノの「ALTIUS TOUR-J(アルティウス ツアー ジェー)」です。

 

バドミントンのラケットに求められる「ねじれ」を徹底的に研究し高いコントロール性能を追求した、国産フラッグシップモデルのラケットになります。

 

 

ちなみに、インタビューの際、グリップのこだわりに関しては「特にない」と話していましたが、以下のように答えていました。

 

グリップテープの巻き方は一応、決まっています。まず(もともと巻かれていたグリップをはがして)ベースにアンダーラップを大体2周巻きます。そのあと、さらにアンダーラップを10センチくらいの長さで切って、長細くなるように四つ折りにしてから、グリップエンドの部分に巻きます。だいたい3周ぶんくらいですね。

そのあとグリップテープを巻いていきます。グリップエンドの部分で3周目くらいから斜め下にずらしていって、あとはきれいに、デコボコにならないように、テープ幅の半分くらいをかぶせながら巻いていきます。そうしたらだいたいこの位置で終わります。

 

がっつりこだわりありますよね(笑)

 

グリップの色にはかなりのこだわりがあり、必ず白を選びます。

 

ピンクや黄色だと、少しモチッとした感触があるそうで、白が一番しっくりくると語っています。

 

ネックレスに関しては、試合中に映った時から「可愛い!」「どこのブランド!?」と反響がありました。

 

 

その気になるネックレスは、クリオ製というメーカーの「インパルスネックレス」とうものでした。

 

 

黄色やピンクなどを付けているようで、おそらくいくつかお持ちなのでしょう。

 

お値段は、公式サイトを見るとサイズがS・M・Lがあり、4〜8万円台で高価なものとなっています。

 

ちなみに、奥原選手は高校時代からこのネックレスを使用しているそうです。

 

効果としては「試合で首が回らなくなるほど疲れが溜まっていたのが、このネックレスのおかげで楽になった。」と以前語っています。

 

また、卓球日本代表の水谷隼選手も、クリオのネックレスを使用していたと話題になりました。

 

奥原選手とはタイプが違うもので、クリオ「マグナネックレス」だと思われます。

 

 

スポーツ選手にとってこのネックレスは、強い味方なのかもしれません。


まとめ

ジュニア時代から輝かしい成績を残している奥原選手ですが、2020年東京オリンピックにも出場予定です。

 

2016年リオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを獲得し、本人としては悔しい思いをしたこともあり、2020年東京オリンピックではリベンジを誓っています。

 

世界的にも金メダル獲得が期待されている選手ですので、ぜひ注目してみてください。