日報問題や南スーダン派遣について

いろいろと政府内では混乱が続いて

収集が付くのかな?と見ていました。

 

安倍総理の秘蔵っ子でもあった

稲田さんは問題発言が多く大きく

メディアで叩かれる日が目立ち、

どうしようもない状態になりました。

 

ついに稲田防衛大臣が正式に大臣を

辞めることとなっています。

 

防衛大臣のポストが空いたという事で

それの人員を選択する必要があります。

そして、その後任の人物が決定しました。

それは小野寺元という人物です。

 

あまり聞いたことがないという人も

多いかもしれませんね。

そこで、ここでは小野寺元氏について

いろいろ調べていきます。

 

経歴であったり、夫人や子どもの

ことなど見ていきましょう!

小野寺元氏のプロフィールや経歴&実家は?

小野寺元の実家
出典:Gooブログ

名前:小野寺元

読み:おのでら いつのり

生年月日:1960年5月5日(57歳)

出生地 :宮城県気仙沼市

出身校:東京水産大学水産学部

(現:東京海洋大学海洋科学部)

東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了

前職:地方公務員(宮城県)/東北福祉大学助教授

所属政党:自由民主党(岸田派)

称号:法学士

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出身が気仙沼市ということは、

東北大震災によって自宅や実家に

被害があったかもしれませんね。

 

小野寺元大臣の実家や自宅について

調べていくと実家が被災されて

再建設されているようですね。

 

その小野寺元大臣の実家の旅館とは、

老舗旅館「大鍋屋」。

出典:https://www.onabeya-kesennuma.jp/new/

新しく改装して新たに走り始める

ことができているようです。

 

やはり東北大震災で実家が

被災されているようでした。

被災した際には旅館の2階まで

海水が到達したんだとか、、。

 

海が近いために全部が飲み込まれずに

本当に良かったと思います。

大鍋屋の場所はこちらになります。

小野寺元大臣の実家は旅館のため

震災の被害は大きく経営を苦しめる

こともあったようですね。

 

 

父である熊谷安統さんは

他界していますが、

母の熊谷桂子さんが

この旅館を経営しているようですね。

 

なんと120年というとんでもない時間を

ここ気仙沼で旅館を営んでいる大鍋屋。

 

ここでひとつ気付くことがあります。

小野寺元大臣の実父は熊谷安統さん。

じつは苗字が異なります。これは、

妻の会計の方に婿入りしたことが

分かりますね。

小野寺元氏は婿入りしている?

妻の父には小野寺信雄という政治家、

気仙沼市長や自由民主党宮城県連会長を

歴任した権力ある人物です。

 

つまり、小野寺元大臣は地元でも

有名な政治家の元へ婿入りしたことで

政界への扉が開かれたと考える方が

自然ではないでしょうか?

間接的な2世議員といってもいいかも?

 

自分の実父は政治家で自分も政治家という

2世議員はとても多いし話も聞きますが、

婿入りして議員になるという話はあまり

例がない気がしますね。

 

そして一番気になるのは小野寺元大臣に

過去スキャンダルがあったかどうかです!

小野寺元大臣にスキャンダルはあるのか?

スキャンダルというほどではないですが、

00-03年の間、公民権が停止されています。

任期中に選挙区内の有権者に向けて線香を

プレゼントして回ったんだとか。

 

これが公職選挙法の寄付行為を禁止している

項目に引っかかり議員辞職している経緯が

あるようですが、そんなことで辞めなくても

と個人的には思いますね。

 

今の政治家でこれ以上に酷くて辞めた方が

国民のためだと思うような人もいます。

もちろん地元でも期待されている人物のため

 

解除された後にあった選挙では

見事当選し返り咲いています。

女性関係はどうなんでしょうか?

栩内香澄美

女性関係を探ってみたのですが、

日刊ゲンダイが気になる記事を

書いていました。

「小野寺大臣の目的はASKAの▼“愛人”栩内香澄美だったそうです。栩内は青森出身で、小野寺大臣は宮城県出身。“同じ東北出身”をアピールして接近しようとしたけど、うまくいかなかったようです」(引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150581/2)

栩内香澄美(とちないかすみ)

ASKA被告の愛人として一躍時の人。

大麻使用で逮捕されていますね。

 

パソナグループの迎賓館「仁風林」で

行われたパソナのパーティーにて、

このような事態が起きたようです。

 

この際に安倍首相が釘を刺したことは

言うまでもありませんね。

美人秘書との怪文書?

別の女性問題も実は発覚しています。

2016年5月に文春が銀座ホステスと

ひとときを楽しむ様子を

報じられているようですが、

真相は分かりません。

 

元を返せば第一次安倍内閣のときも

秘書が愛人となっているという報道を

週刊ポストが行っています。

 

自民党の元女性秘書が名指しされ、

2人で沖縄旅行に行く経緯が掲載された

過去もあります。

 

この元美人秘書が誰だったのか

とても気になるところですが、

辿り着くことができませんでした。

 

もしかするとパソナ代表南部靖之氏と

何か関係があるかもしれませんね。

 

このハニートラップが仕組まれたモノ?

だったかどうかは分かりませんが、

これまで週刊誌に3回もスキャンダルが

掲載されている人物なだけに

今後の報道が気になるところです。

 

過去の話がまた蒸し返らないように

どこまで抑え込めるかが重要ですね。

そんな悪い印象がある一方でも、

防衛大臣として期待できる!という

声も聴かれています。


確かに元防衛大臣という事だけあり

しっかりと北朝鮮への問題を

どうすかなど自身の意見をしっかり

もっていそうという印象ですね!

今後の活躍が期待されますね。

Sponsored Links