スポーツ

佐々木朗希(大船渡)読み方や身長は?出身中学や父親も!投球動画やドラフトは?

高校野球の頂点といえば甲子園ですね!毎年熱い戦いが繰り広げられています。その場所では多くの感動が生まれると共に、将来プロ野球選手を目標としている高校球児たちの絶好のアピールの場所ともなっています。

 

そこで大活躍することでいろいろな球団から声がかけられることになるためプロを目指すのであれば必ず出場したい、そうでなくても高校球児の最終的な目標となります。

 

2019年夏大会では、すでにプロ注目株の選手の動向が報じられている選手もいます。その中でも大船渡高校の「佐々木朗希」選手においては別格かと思われます。

 

ここでは、その佐々木朗希選手について調べてみました!プロ注目株なのはもちろんのことですが、多くの人が気になる選手だと思います。

佐々木朗希(大船渡)読み方や身長は?

佐々木朗希の読み方
  • 名前:佐々木朗希(ささき・ろうき)
  • 生年月日:2001年11月3日
  • 出身:岩手県陸前高田市
  • 身長:189cm
  • 体重:81kg
  • 投打:右投げ右打ち
  • ポジション:ピッチャー
  • 家族:母、兄、弟

佐々木朗希選手ですが、名前を(ろうき)という変わった読み方をします。なかなか珍しい名前ですが、朗らかに、希望をもって、という意味でしょうか?とてものびのびした名前のように感じます。

 

また、小学生3年生のころから野球を始めたそうです。9歳のころには東日本大震災で被災したことで自宅が海に飲み込まれた経験があるようです。

 

陸前高田市に住んでいましたが、大船渡市に移り住むことで野球を続けています。中学生の頃は硬式ではなくて軟式野球に取り組んでいたんだとか。

 

軟式野球では最速141キロという剛速球を投げていたとのことで3年生の夏にはKB東北大会に出場して準優勝しています。それにしても、軟式野球で140キロ台ってwボールがポップアップしていそうですねw

佐々木朗希の出身中学や高校での成績は?

佐々木朗希選手の通った中学校ですが、大船渡市立第一中学校です。小学生は陸前高田と大船渡でした。

 

中学生のころからその剛速球で名の知れていた佐々木朗希選手ですが、ある強豪校からスカウトを受けています。その高校とは、、、大阪桐蔭高校です。

 

その大阪桐蔭を蹴ってまで大船渡高校でプレーすることを決断した理由は『中学の野球が楽しくて。その仲間と一緒に甲子園に行きたい』この一心だったようです。

 

大船渡高校は1984年に選抜ベスト4という成績がありますが、それまでは県大会1,2回戦敗退レベルの弱小チームでした。しかしながら、佐々木朗希選手が入学したことで一変されました。

 

1年生の時には身長が180㎝くらいありましたが、体重が71キロと軽く線がとても細かったそうです。そのため、リリーフピッチャーとして1年生のときは起用されていました。

 

あまり負担が大きいと肘、肩を壊しかねないですからね。1年生時には147キロ、2年生のときには157キロという高校2年生では史上最速タイ記録となっています。

 

そして、佐々木朗希選手のすごいのはそれだけではありません。大谷2世とも呼ばれていますから、そのフィールドプレーヤーとしての能力も相当なものです。

 

50メートル走は5秒9。打順は1番を打つことが多いそうです。大谷選手はパワーヒッターですが、佐々木朗希選手はイチロー型ですかね?外野手でのその強肩は言うまでもありません(笑)

佐々木朗希の父親は?

この佐々木朗希選手の父親についてどんな人なのか調べてみました。すると、、、東日本大震災で被災したことで父親の功太さんは37歳の若さで亡くなっていることが分かりました。

 

功太さんについては、一般の方なので、それ以上のことは分かりませんでした。父の死以降は、兄が父のように朗希選手に厳しく接したようです。

 

そのことで、野球においても頑張ることができたことは容易に想像できますね。母は、陽子さんといって現在も佐々木朗希選手を支える存在です。

投球動画やドラフトについて!

佐々木朗希のドラフト

■DeNA・武居スカウト
「この秋のドラフトにかけても、上位指名は間違いない」18/9/24
「球が速くて腕の振りがいい。今秋ドラフトなら間違いなく上位候補」

■阪神・葛西スカウト
「将来は160キロ出そう。もっともっと良くなる素質を持っている」18/9/20
「今年のドラフトでも1位になれるぐらいの素材。2年生で154キロが出るんだから、伸びしろはいっぱいある。フォームが安定すれば、もっとスピードは出る。大谷、菊池レベルの近くまで来ている」18/7/11

■楽天・宮越スカウト
「まだ体ができていないのにこの球。伸びしろがある」18/9/17
「来年は横浜の左腕、及川(雅貴)と双璧になる」18/7/11
「今年でもドラフト1位候補。身体能力は高いし、球もまだ速くなる」

■広島・近藤スカウト
「同じ時期の大谷(現エンゼルス)より速い」18/9/17
「大谷の2年生の時は、これぐらい投げていた。このままケガをしないで投げられれば、大谷2世と言えるぐらいのインパクトはある」18/7/11

■ソフトバンク・作山スカウト
「この時期にこれだけ投げられるだけですごい。(素材は)文句なし」18/9/17

■オリックス・上村スカウト
「夏より状態はいいかもしれない。ひと冬越えてどのくらいになるか楽しみ」18/9/17

■ロッテ・井辺スカウト
「(カウント)3ボールからスライダーでストライクが取れる。今の時期の高校生ではなかなかいない」18/9/17

■ヤクルト・斉藤スカウト
「初めて生で見たが、ここまでいいとは。想像以上。160キロも時間の問題」18/9/17

■中日・山本スカウト
「今年でも“競合ドラ1”の力」18/9/17

このようにどの球団のスカウトマンも注目しています。そして、高校野球ファンでも佐々木朗希選手のフィーバーが巻き起こっているようですね!

 

高校野球春季岩手大会が行われていますが。佐々木朗希選手を見たいが故に、2800人もの観客が集まっているようです。まず間違いなく『令和の怪物』といわれるようになる逸材ですよね。

もう、高校生のレベルは余裕で超えていますよねwただ、まだまだ体ができていないために全力投球はしない方が良いということが言われています。

 

そのため、高校野球春季岩手大会ではかなり球速を抑えて投球しているようです。剛速球を期待していた観客は残念でした!ということになりますね。

 

佐々木朗希選手ですが2019年ドラフトでも多球団が1位指名してくるであろう逸材です。このままの調子でいけば間違いないですが、肩肘が壊れないように投球制限など調整する必要性がありそうですね。

まとめ

佐々木朗希選手についてまとめましたが、東日本大震災で被災した経験もあり父親を亡くしています。そんなツラいなか、母や兄の支えがあり野球を続けてこれたそうです。

 

大阪桐蔭高校のスカウトもけったのは、やっぱり大船渡に移住してできた仲間たちの強い絆があったからこそでしょう。

 

最高速度163キロの剛速球を有していることでプロ最注目選手であることは間違いないでしょう!その『大谷2世』ということも伊達ではありません。バッターとしてもかなり能力が高いです。

 

これから夏の甲子園がとても楽しみにですね!まずは地方大会を勝ち上がってほしいモノです!

この記事が読まれています。

習志野高校・横浜高校にサイン盗み疑惑!ルール違反?応援がうるさいと苦情?

石原さとみは破局間際の理由は宗教か?前田裕二が結婚相手有力?歴代彼氏まとめ!

綾瀬はるか歴代彼氏の噂!松坂桃李井とニアミス?井上公造が予想?

サイバージャパンHARUKA(ダンサー)彼氏や経歴は?元新体操選手でかわいい?