三四郎島トンボロ現象の干潮時間

伊豆半島の三四郎島という有名な島を

知っていますか?

この三四郎島がなんで有名かというと

国内でも珍しい現象があります。

 

それはトンボロ現象

 

このトンボロ現象を見たいということで

三四郎島を訪れる観光客がとても増えて

伊豆半島も賑わっているようですね。

 

このトンボロ現象とはどんな現象なのか?

いつ行っても見れるワケではないようです。

しっかりと条件が揃わないと見ることが

できないということで事前の下調べは

とても重要ですね。

 

また、アクセス方法であったり駐車場が

あるのかどうか?そういったことも

気になるのでまとめています。


三四郎島のトンボロ現象とはなに?

三四郎島トンボロ現象の干潮時間
モンサンミッシェル/トロンボ現象

そもそもトンボロ現象ということを

知っている人の方が少ないでしょうね。

 

このトンボロ現象とは普段は島として

存在する島がある時間帯だけ陸地で

繋がるという状態のことを言います。

 

つまり海が干潮したときに陸が出てきて

海底が干上がることで陸続きになるとい

珍しい現象のことを言います。

  • 鵜之島 – 千葉県いすみ市岬町和泉
  • 江の島 – 神奈川県藤沢市
  • 三四郎島 – 静岡県賀茂郡西伊豆町堂ヶ島
  • 友ヶ島 – 和歌山県和歌山市
  • 城ヶ島 – 香川県小豆郡小豆島
  • 大余島 – 香川県小豆郡小豆島

国内にも複数個所あります。

これ意外にもいくつかあるようですね。

世界的に有名なトンボロ現象は、

フランスのモンサンミッシェルが

有名ですね。

 

干潮時に海底が干上がる状態のため

そのトンボロ現象が起きる条件が

必ずあります。

干潮時にいつでも行けば見られる

という現象ではないようですね。

 

場所によってもその条件は違い、

一概にはいうことができません。

三四郎島のトンボロ現象は

いつ起きるのでしょうか?

調べてみました!


三四郎島トンボロ現象の干潮時間は?

三四郎島トンボロ現象の干潮時間

三四郎島のトンボロ現象は

こんな感じで見られるようですね。

観光に行くからにはトンボロ現象が

起きる時間帯に来たいものです。

 

この状態になれば三四郎島に

渡ることができるようですね。

 

この三四郎島のトンボロ現象が

起きるタイミングは干潮時です。

 

しかし、干潮時にいつでも渡る

ことができるのかというと実は

渡ることができません。

 

干潮時でも潮位が50㎝以下になる

タイミングでないと海底が現れる

ことはありません。

 

絶対に確実に渡りたいという場合は

潮位が30㎝のときに行く方が良いです。

 

ただし台風が近づいているときや

風が強い日は波が高くなるため、

干上がっていたとしても波が打ち寄せ

道がなくなることも考えられます。

 

そのため島に渡るときには気をつけ

危ない時には渡らないようにしましょう。

 

また三四郎島とは複数の島から成り立ち

ひとつの島だけではありません。

ひとつの島だけと思っている人も

意外と多いようですね。

三四郎島の場所はどこ?アクセスや駐車場は?


三四郎島ってそもそもどこなんだ?

静岡県賀茂郡西伊豆町仁科にあります。

 

ここへのアクセス方法は伊豆急行線で

終点の伊豆急下田駅までいきます。

 

そこからはレンタカーを借りて

県道15号を西へ向かえば三四郎島

あります。道としては単純ですね。

 

それかバスで堂ケ島行きで60分位

行くことができます。

 

気になるのは駐車場になると思います。

トロンボ現象が起きる観光地の近くに

無料の駐車場があるようですね。

無料駐車場の詳細な場所は分かりません。

 

堂ヶ島温泉ホテルは宿泊客のみのしか

駐車場を利用することができないようです。

 

そのため、トンボロ見学の方のための

駐車場については西伊豆町又は観光協会に

問い合わせる必要があるようですよー!