いろいろな投資クラブが世の中にはたくさんあると思います。本当に為になるモノもあれば、殆どカスみたいな情報を流すだけのコミュニティもありますよね?

 

その情報の価値は受け取る側のレベルによって価値を感じるかどうかは主観的なところが大きいです。そのため、ひとことでそのクラブ・コミュニティを評価するのは難しいですね。

 

そんな投資クラブの現状がある中で注目しているクラブがあります。それは「SDC」というクラブです。


SDCとは?

SDCというクラブは「マイキー佐野氏」「フレッド小野氏」が主催しているクラブになります。前進となる7FCというクラブがありましたが、それの継続クラブのようです。

 

SDCではメインとして「カンボジア不動産」に投資することが話されています。

投資価値としてのカンボジア

カンボジアはこれから爆発的な経済発展を伴うことが予想されています。というよりも、もうそうなることは間違いないです。

 

タイのバンコクが田園風景だったところから、現状の都市化したようなことがこれからカンボジアでも起きかけています。

 

そのため、今から有力な更地・沼地をキープしてバイアウトすることで収益を得るという内容です。ただし、あくまでもクラブ会員費用としての参加費で不動産権利は有しないところがポイントです。

 

そもそもカンボジア不動産は日本人が保有できません。


マイキー佐野氏のビジネスパートナーの存在

マイキー佐野氏にはカンボジア現地に太いパイプを持っています。カンボジアを代表する投資家マリッツ氏をはじめに、カンボジア人の妻を持つ柏野氏が大きくこのプロジェクトではキーとなる存在です。

 

動画で詳細なことを話していますが、マリッツ氏からカンボジア不動産の情報(政府レベルの情報)がもたらされて、柏野氏サイドで精査を行い基準をクリアしたものが提供されます。

 

周りに「自分はカンボジア不動産買って権利を持っている」という人がいれば確認してみましょう。おそらく、多くの場合が2重契約で契約が無効なモノばかりかもしれません。それだけ日本人はカモにされる、、、。

 

というか、カンボジア不動産をエサに「日本人が日本人を食い物にしている」事実があります。そのような現状をまっとうに商売しているカンボジア人からすると大変迷惑がっているとのことですよ。

まとめ

カンボジア不動産を日本人でも間接的に投資することができるSDCクラブ。かなり魅力的なクラブですね。不動産のみならず、クラブではビジネスについてさまざま情報提供するようです。

 

仮想通貨・アフィリエイトなどのコンテンツも感がているとか!カンボジア不動産が2倍になればクラブ代金はもちろん、投資した分だけ戻ってくる

 

、、、、あれ?

 

もしかすると無料でSDCのサービスを受けることができるってことですね(笑)これほどの仕組みを考えたクラブを過去に見たことがありません。しっかりと参加するかどうか検討してみてくださいね!