洗濯物

洗濯物の生乾きはなぜ臭い?原因は雑菌が繁殖するから?

洗濯物の生乾きはなぜ臭い?

洗濯物から出る生乾きの臭いってほんとイヤですよね。誰でも1度や2度は経験あると思います。

 

これからの季節雨が多くなり部屋干しも多くなると思いますが、部屋干しの洗濯物ってちょっと油断するとなんか臭いますよね。

 

手を洗ってタオルで拭いたときタオルが臭いと手にも臭いが付きますよね、イヤですね。せっかく洗った手なのにまた洗い直さないといけませんよね。

 

では生乾きの洗濯物はどうして臭いのでしょうか? 原因は雑菌が繁殖するから? と言われてますが実際はどうなのでしょうか? 調べて見ました。

洗濯物の生乾きはなぜ臭い?

洗濯物の生乾きはなぜ臭い?

洗濯物の生乾きは臭いですよね? それはまず考えられるのはしっかり乾いていないので洗濯物に雑菌が繁殖しているからです。生乾きの洗濯物には菌が発生しています。

 

この菌は湿気で増殖します。天気が良くて外干しできるときはいいのですが、天気が悪かったり他の理由でも室内干しをしないといけない場合、部屋干しなどで時間をかけて乾かしている間にどんどん増えているのです。

 

その他にも菌は洗濯である程度は落ちるのですが、長く使っていると菌が残って繊維の中でかたまってしまいます。

 

毎日の洗濯ではなかなか落ちなくなってしまい生乾き臭となるのです。それに雑菌は湿気を好むので汗をかいた服を何日もそのままにしておきっぱなしにしておくと臭いが出てきます。

 

その他には洗濯機の裏側に付いたカビや菌が洗濯物に付くこともあります。だから洗濯機も定期的にキレイに洗いましょう。なので洗濯物は洗い方や干し方などの方法で生乾きのイヤな臭いを防ぎましょう。

洗濯物の臭い原因は雑菌が繁殖するから?

洗濯物の臭い原因は雑菌が繁殖するから?

生乾き臭の原因は雑菌で、その雑菌が繁殖して生乾き臭を引き起こしています。それは洗濯物の乾き方が不充分でまだ湿気をおびていたり、または水分を含んだままの状態長時間放置してたり、もしくは汗や汚れが洗濯でしっかり落とし切れていなかったりした時は雑菌がどんどん繁殖して臭うのです。

 

ではしっかり汚れを落とす洗濯の仕方を説明します。それには「酸素系漂白剤」を使って洗濯しましょう。酸素系漂白剤を溶かしたぬるま湯につけ置きし、しばらくしてから洗えば生乾きのイヤな臭いの対策になります。

 

最近発売されている「部屋干し用洗剤」のほとんどに酸素系漂白剤というものが入っています。ただ塩素系の漂白剤は漂白力が強いので色物には使わないで下さい。

 

洗濯の時に「重曹」を使うのもいい方法です。それは洗濯のときに重曹を利用すると生乾きの嫌な臭いを防いでくれるからです。洗濯するときに40度ぐらいのお湯を洗濯槽にためて、お湯10リットルに対して大さじ1杯位の重曹を溶かし、そこにいつもの洗剤を入れてあとは普通に洗濯するだけです。

 

重曹には消臭効果があるし、臭いの元になる皮脂汚れを落としやすくする効果が高く臭いを十分防いでくれます。皮脂汚れが落ちるということは白いものはより白に、色や柄物は色鮮やかに仕上がる効果も十分に期待できます。

 

キレイに洗った洗濯物は風通しのいいとこに干しましょう。外の風が当たるとこが早く乾いていいのですが、室内でもいいですから窓を開けて風を通すとか、扇風機や空気清浄機などの電化製品で風を送るなどして風の当たるように工夫して早く乾かすことが生乾きのイヤな臭いをさせない方法です。

 

他にも乾燥機で一気に乾かすのもいいし、またはある程度乾いたらアイロンをかけて十分に乾かす方法もあります。別の木ほかにも洗濯物の生乾き臭を防ぐ方法をまとめています。

洗濯物の生乾きはなぜ臭い?のまとめ

洗濯物は生乾きだと雑菌が繁殖して臭くなります。なので洗濯物はキレイにしっかりと乾かすことがイヤな臭いを発生させないための最善の策です。

 

洗濯物はしっかり汗や汚れを落として、その後はしっかり乾かすことが大切です。洗濯物はキレイにしっかり洗って素早く、そしてしっかりと乾かしましょう。