アーティスト

椎名林檎と弥吉淳二の離婚理由は?諸説まとめてみた!

椎名林檎と弥吉淳二の離婚理由

今やシンガーソングライターだけにとどまらず、プロデューサーから音楽監督まで活躍中の椎名林檎さん。恋多き女といわれ、略奪婚と言われたりもしました。

 

現在は児玉裕一さんと結婚し娘さんも生まれ幸せな毎日を送ってらっしゃいますが、初めての結婚相手は弥吉淳二さんでした。

 

椎名林檎さんが現在の旦那の児玉裕一さんと付き合いだしたときは、児玉裕一さんはすでに妻帯者だったそうですが、最初の旦那さんの弥吉淳二さんと付き合いだしたときも、弥吉淳二さんは妻帯者だったそうです。

 

そんな妻帯者だった弥吉淳二さんを奥さんから奪ってまで結婚したのに、その離婚理由は何っだたのでしょうか?いろいろ調べて見ました。

椎名林檎と弥吉淳二の離婚理由は?

弥吉淳二さんと椎名林檎さんは2000年に結婚し、翌年の2001年に2人の間に長男が生まれていますが、わずか2年半で離婚してしまいました。

 

その理由についてと弥吉淳二さんと椎名林檎さんの間に生まれた子供さんの現在について調べて見ました。

 

弥吉淳二さんはaikoさんなどの有名アーティストを支えるギタリストとして有名で、尊敬されるギタリストでした。aikoさんのファンからは「やよっしー」と呼ばれ愛されています。

 

弥吉淳二さんは、椎名林檎さんが参加してるバンド「東京事変」の初期にギターを担当していた人物です。そのため一緒に音楽活動をしている時に仲良くなったのでしょうね。

 

弥吉淳二さんは椎名林檎さんと付き合っているときには既婚者でした。そのため椎名林檎さんは略奪婚と報道されることもありましたね。当時は今ほど追求されなかったんでしょうが、それでもあまり良い印象は受けない人もいたはずです。

 

その弥吉淳二さんが2018年1月26日、突然死去されたという訃報が入ってきました。
多くのファンや関係者の方々が突然の出来事に悲しみ、別れを惜しみました。

 

弥吉淳二さんは。病気療養中だったことは最後まで公表せず2年間闘われていたそうです。49歳でした。所属事務所は文章で約2年半の闘病生活だったことと、本人の希望により病気を公表しなかったことを告げました、

椎名林檎さん弥吉淳二さんと離婚の諸説とは?

椎名林檎さんが弥吉淳二さんと離婚に関しては諸説あります。調べて見ました。

諸説その① 椎名林檎さんの浮気

椎名林檎さんと弥吉淳二さんの結婚生活は、わずか2年というスピード離婚でしたがその離婚理由が、椎名林檎さんの浮気ではないかと言われています。

 

しかし椎名林檎さんは子供が小さかったので子供を連れての不倫も難しいし、その浮気現場を抑えた証拠はないので、ガセネタだと思われます。一部の心に人達による根拠ない話が広まったと考えられます。

諸説その② 結婚後は家庭に入りたかった

椎名林檎さんは結婚後はただ本当は家庭に入りたかったという話もあります。本当は長男の出産を機に、完全に家庭に入りたかったのかもしれませんね。自分は音楽業界から身を引き、夫と息子を支えていく決心をされていたのかもしれませんね。

 

ただ、あまりにも弥吉淳二さんが子育てや家事にあまり参加しなかったことに腹を立てたからとも言われています。専業主婦だとしても家事・育児は大変ですから、お互い支えながら家事・育児していくことは重要ですよね。

諸説その③ 事務所と音楽関係者の説得

所属事務所や関係者が家庭に入ることを反対し踏みとどまるように説得したといわれています。椎名林檎さんみたいなキャラクターの歌手はそうそういらっしゃいませんから、事務所側も手放したくなかったのでしょうね。

 

椎名林檎さんと弥吉淳二さんの離婚後は、息子さんの親権は椎名林檎さんが持ちました。息子さんは名前は空遥(そなた)くんというらしく、顔写真も非公開ですのでごく普通の高校生生活を送られていたんだと思います。

まとめ

今回椎名林檎さんと弥吉淳二さんの離婚の理由を調べた結果、椎名林檎さんは現在の旦那さんの児玉裕一さんも、最初の旦那さんの弥吉淳二さんも結婚する前は、妻帯者だったと言うことがわかりました。

 

まぁたまたま好きになった人が妻帯者だったのでしょうが、二度ともとなるとそんな人が好きなのかなってちょっと思いますよね。