社会

高橋利彰(仮想通貨の詐欺)顔画像は?デイリス社の現状は?

仮想通貨というとビットコインを思い浮かべる人が多いと思います。この記事では、そんな仮想通貨を利用した詐欺事件について知らえべてみました。

 

今回、詐欺の容疑で逮捕されたのは高橋利彰という59歳の男性です。どのようなスキームで騙してお金を集めたのでしょうか?

高橋利彰(仮想通貨の詐欺)顔画像は?

高橋利彰という人物ですが、東京都千代田区にある会社「デイリス」という会社を経営していた可能性があるようです。当時社員は5名ほど。

 

その5名も共犯である可能性が高いみたいですね。2019年10月上旬から11月中旬に仮想通貨取引事業への出資持ちかけて出資金を募ったようです。

 

ただ、そんなことは嘘の話です。そもそも仮想通貨取引事業を許可を得るには金融庁の超絶厳しい基準をクリアする必要があります。もう既に何も母体を持たないベンチャー企業が取引所を解説できるような市場ではありません。

 

この高橋利彰という犯人の顔画像ですが、今のところは公開されていません。ただ、今後捜査が続いて起訴、立件されて有罪が確定することでメディアも実名顔入り報道を行う可能性がありますので、情報を更新していきますね。

高橋利彰のデイリス社の現状は?

株式会社デイリスという会社が令和元年10月8日に登記されています。一昨年の詐欺を働いたされる時期と一致しますね。

こちらが登記簿上にある会社の住所です。おそらく、解散したも同然の殆ど実態がない会社の可能性が高いでしょう。

高橋利彰の詐欺事件の被害額や返金は?

今回の場合は、有罪になった場合は返金請求が行われます。ただし、本人らに返済能力があるかどうかを問う必要があります。そのため、資金を使い込んでスッカラカンだった場合は返金は期待できないですね。

 

犯人が返金するお金がないのですから、投資した人は泣き寝入りになります。こういった事件ですから、それほど重い罪にはならないかもしれません。仮に執行猶予がつかなかったとしても、数年単位で出所してくることになります。

まとめ

今回は、デイリス社が行った高橋利彰による詐欺事件について情報をまとめてみました。今後、どのような進展があるか注視していきましょう!