アーティスト

高畠エナガが人間ドッグを受けた病院は?性別や素顔は?

高畠エナガが人間ドッグ

高畠エナガさんを知っていますか?

いま、若手漫画家として、とても

注目が集まっている人物でした。

 

しかしながら、この度悲しい

お知らせありました。

 

それは高畠エナガさんが亡くなった

ということです。

 

高畠エナガさんですがまだ29歳

若くして健康にも気を使っていた

ということも分かっています。

 

高畠エナガさんの死因ですが脳梗塞

しかも人間ドックに行った13日後

急死しているようです。

 

人間ドックで何かしら異変は

無かったのか?という疑問が

ありますね。

 

高畠エナガさんが人間ドックを

受けた病院はどこなんでしょう?

高畠エナガのプロフ!性別や素顔は?

高畠エナガが人間ドッグ
生誕1989年3月21日
死没2017年8月21日(満28歳没)
国籍日本
職業漫画家
活動期間2005年 – 2017年

高畠エナガさんですが中学生の頃に

頭角を現していました。

こちらのアニメを制作しています。

高校生のときには高畠エナガという

ペンネームでウェブ上に漫画を発表。

 

その後もデジタルコミックの世界で

漫画を発表しています。

 

ちなみに高畠エナガさんですが本名、

性別、素顔等は公表されていません。

 

また、大学の卒業制作として作成した

ZELBESTY」が集英社の編集者の

目にとまりスクエアジャンプにて

特別付録漫画「Reversi」で漫画家

としてデビューしています。

 

現在は「人魚の花籠」が連載されて

人気を集めていましたが残念ながら

お亡くなりになっているので連載も

中止になっています。

 

若くして脳梗塞でなくなるという

ことなので元々不健康だったのか?

と思いますがそでもない様子です。

 

高畠エナガさんが診察を受けた

病院はどこなんでしょうか?

高畠エナガが人間ドックを受けた病院は?

高畠エナガが人間ドッグ

やはり人間ドック後13日して

脳梗塞で亡くなっていると

いうことが気になりますね。

 

脳梗塞の何かしらの兆候を見逃す

そんなことはなかったのかな?と

疑問に思ってしまいます。

 

高畠エナガさんが診察を受けた

病院をどこか調査しましたが、

分かりませんでした。

 

ツイッターにこのような投稿は

残されていましたが、、、、。

なんともいえませんよね。

脳梗塞のことを少しだけ

調べてみました。

高畠エナガの死因の脳梗塞とは?

高畠エナガ脳梗塞

脳梗塞という病気はよく知っている

という人は多いかもしれませんが、

本当にその脳梗塞のことを知ってる!

と言い切れる人は多くないでしょう。

 

脳梗塞ですが脳の血管が詰まることで

脳組織が酸素欠乏や栄養不足になって

脳が壊死してしまうことを言います。

 

脳が壊死してしまうと人間の呼吸は

止まり、生命維持活動が行えなくて

死亡するということです。

 

脳梗塞といって3つ種類があります。

それぞれの特徴を見てみましょう!

 

(1)アテローム血栓性脳梗塞

加齢、高血圧、糖尿病、脂質異常症、

喫煙などによって血管が詰まる事で

脳内の血の巡りが止まる・鈍くなる

という脳梗塞。

 

(2)心原性脳塞栓症(しんげんせいのうそくせんしょう)

心臓で血栓(血の塊)が出来たものが

血管を通って脳内をめぐることで

狭い血管で詰まる状態になる事で

血液が廻らなくなる脳梗塞。

 

(3)ラクナ梗塞

主に加齢や高血圧などが原因で、

脳の深部にある細い血管が詰まる

脳梗塞です。

このラクナ梗塞が脳卒中の7割程を

占めているようですね。

 

ちなみに、脳卒中と脳梗塞の違いを

知っていますか?

 

脳卒中は脳への血流量が減ると、

脳の神経細胞に障害が起き、

半身のしびれや麻痺・言語障害

といった症状が出てきますが、

この状態を「脳卒中」といいます。

 

そして、脳への血流量が減って、

細胞が障害された場合は「脳梗塞」。

 

高畠エナガさんの場合に当てはめると

人間ドックに行っていたことを考える

(2)心原性脳塞栓症が原因の可能性が

高いと考えられますね。

 

しかしながら、詳しい死因については

公表されていませんので単なる可能性

ということです。

 

この心原性脳塞栓症ですが最近では、

若い世代が増えているというデータが

存在しているとのことですね。

 

日本人古来の食生活から欧米化した事、

ストレス社会と言われるようになった、

この2つが若い世代も含めてこういった

脳梗塞を引き起こす原因になっている

と感じずにはいられませんね。

日ごろから健康には気を付けていきましょう。

 

そして高畠エナガさんのご冥福を心より

お祈り申し上げます。