いやー、渋谷の高齢者の交通事故以来ですが、やっぱり高齢者が引き起こす自動車事故には目が行ってしまいますね。また、同様な事故が起きたようです。

 

高橋登代子という人物が過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕されています。この事故について見ていきましょう。


高橋登代子が起こした事故とは?

福岡県春日市で3日午後6時前、交差点にいた子ども2人が74歳の女が運転する軽乗用車にはねられて病院に搬送されました。

 

警察などによりますと、春日市星見ケ丘の交差点で、軽乗用車が8歳の女の子と6歳の男の子をはねました。2人は現在、病院に搬送されて治療を受けています。

 

警察は、軽乗用車を運転していた福岡県那珂川市の無職・高橋登代子容疑者を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しています。

 

事故の起きた交差点は住宅街を通るなだらかにカーブを描いた道路にあり、見通しの良い場所でした。逮捕された女は容疑を認めていて、「太陽がまぶしくて信号を確認せず進入してしまった」と話しています。

事故については、二人の尊い命が生死の境にある状態です。予断を許すことができない状態のようですね。病院で懸命な治療が行わているようです。

 

「太陽がまぶしくて信号を確認せず進入してしまった」という供述をしていますが、信号が確認できないのに交差点に突っ込むという判断がどうかしていると思いませんか?

 

確実に運転に対する思考が正常に判断できていないことが分かります。事件の詳細は分かりませんが、二人の子どもは横断歩道を横断していたところ信号無視した高橋登代子容疑者の車に跳ねられたのでしょう。

 

8歳、6歳ということなので親が居なくても信号などは気を付けて渡れますが、このような予期せぬことまで考えることはなかなかできないと思います。


春日市星見ケ丘の交差点

事故が起きたのはこの地図の場所でしょう。緩やかにカーブしている道路があると思います。そこに信号がありますね。そこが事故現場となっているようです。

 

住宅街の主要道路ということで普段から車通りは多かったのではないでしょうか?普通であれば事故が起きるような道路でな内容に思えます。

高橋登代子の顔画像は?被害者の状況は?

高橋登代子という人物ですが顔画像などは公開されていません。そしてこれから公開されるとも思えませんね。もしかすると、報道される可能性はありますが、どうよの事故顔画像が公開されるのはあまりないことですからね。

 

そして、やっぱり気になるのは跳ねられた二人の子どもたちです。先ほどもお伝えしましたが、まだ二人は病院で治療を受けています。その状態が、重症、重体なのかも伝わっていません。

 

どうが命は助かることを祈っています。

さいごに。

高齢者の自動車運転については、とても怖いものがあります。あるアンケート調査では高齢者の方は運転に自信がある人が多いようです。・・・みんながそうとは言いませんが、やっぱり判断能力など低下していますからね。

 

とはいえ、自動車運転で最も事故が多いのは20代ということは忘れてはいけませんよね。運転能力が最も未熟な20代が事故が最多となっています。それはあまり報道されていませんけどね。

 

それとこれはとは別なので。

 

このような事故が無くなるように自動ブレーキシステムが高齢者は必須とかいろいろと対策を取るべきでしょう。


 

松坂桃李の主演話題作『娼年』

娼年 「娼年」は2001年に直木賞候補としてもエントリーされた作品。そのセンセーショナルな性の極限を描くことができなかったが、松坂桃李と三浦大輔監督のコンビにより映画化が実現。その内容は、原作の細部までに拘っており、妥協を許さない原作ファンも納得です。   今なら30日間無料お試しキャンペーン中