テレビ

とくダネが終了する理由!諸説原因を挙げてみた!

とくダネが終了する理由

朝の顔として慣れ浸しんでいる番組「とくダネ!」が2021年3月26日を持って終了します。フリーアナウンサーの小倉智昭さん、フジテレビの山崎夕貴アナ、立本信吾アナが登場する朝番組はいつも見ている番組ではないでしょうか?

 

この記事では。そのとくダネが終了する理由について探ってみました。諸説ありますが、それら理由を挙げていきます。

とくダネが終了する理由!諸説原因を挙げてみた!

とくダネが終了する理由!

とくダネ!は1999年4月1日以降、22年間もの間続いた人気朝番組です。小倉智昭さんが当初から担当していてフジテレビの朝の顔として活躍してきました。今回、その番組が終了するということです。その理由を挙げていきます。

とくダネが終了する理由①小倉智昭の健康説

とくダネが終了する理由として、始めに考えられることは小倉智昭さんの健康説ですね。2021年1月時点で73歳という高齢者です。まだまだお元気そうで活躍していくことができるとは思いますが、、、。

 

体力の衰えもあります。新型コロナウイルスも脅威になりますから、そろそろ潮時と自ら降板することを局に相談した可能性もあります。「とくダネ=小倉智昭」ですから番組を終了せざる負えなかった可能性もあります。

とくダネが終了する理由②小倉智昭のギャラ

次に考えられるのは金銭面です。新型コロナウイルスで日本経済全体で見ると過去に無いくらい実態経済が弱っています。そのため、不景気によるスポンサーが離れていった可能性があります。

 

小倉智昭さんクラスになると1本100万円近いギャラが発生していると考えられますね。1本とは1日のことをさすため、1週間500万円・1ヶ月2,000万円・年間2億4,000万円のギャラだと考えるとうなずけるような・・・。

 

加藤浩次さんが務めるスッキリに関してもハリセンボン近藤春菜さんが降板しますが、ギャラは1本40万円程度といわれています。加藤浩次さんは60-80万円という話です。

とくダネが終了する理由③番組の視聴率

スポンサー離れとも関係していきますが、視聴率の低下も考えられます。ニュースを報道して、その合間に流れるCMがメインの収入源となる放送局ですから視聴率は何よりも大切な数値になります。

 

よく見られている番組に企業側も広告を出したいのは当たり前のことです。現在は、朝の番組はテレビ朝日『モーニングショー(羽鳥慎一)』と日本テレビ『スッキリ(加藤浩次)』の2強となっています。

 

そのため、思い切った番組の編成ということでとくダネを番組終了させて刷新すると考えることができますね。

とくダネが終了する理由!のまとめ

とくダネが終了する理由ですが、3つのことを考えられます。挙げたことが複数該当して番組を終了する判断になったのかもしれません。

 

小倉智昭さん、長い間お疲れさまでした!そして、後任の番組がどんなものになるのか楽しみですね!