2019年の冬は暖冬だと言われていますね!その通り暖冬ですが、さすがに冬なので寒いタイミングがいくつか到来するわけです。2018年末はかなり冷え込んで山ではたくさんの降雪がありました。その時は、『最強寒波』と言われていました。

 

その『最強寒波』レベルの寒波が2019年1月25日以降週末にかけて全国的に影響が出るかもしれません。その中でも、関東地方・東京にも降雪がある可能性が出ています。何かと冷え込むと公共交通機関が遅延するなど多くの人に影響が出るために注意が必要ですね。


東京(関東)25日積雪の可能性もある?

まず、関東地方に降雪の可能性がどれくらいあるのか調べてみました。・・・関東地方においては降雪の心配はあまりないようですね。ただし、冬の天気のために寒さが厳しくなるのは変わりないようです。

 

関東地方ではありませんが、信越地方では25日夜から本格的に雪が降り始めます。その降雪が1週間弱つづくとの予報も出ているために、都内からそちら方面へスノーボード・スキーへ行くなど予定がある人は十分に気を付けるようにしてください。

ただ、25日から関東地方でも雪の降る可能性が出てきている。天気図を確認すると、今回の嵐のポイントは北海道付近の低気圧。これが25日になると、だいぶ東へ離れ、日本海側の雪もいったんは落ち着きそうだ。

しかし、関東の南にかくれ低気圧があるようだ。26日になると、これが関東の東へ進む。いわゆる南岸低気圧の通過に伴って、太平洋側で雪の降るパターンになりそうだ。

25日午後9時、関東の西に早くも雪のマークが出ている。このあと南岸低気圧が通るが、沿岸部では25日夜遅くから雨が降り、北部では25日夜遅くから26日朝にかけて雪が降る予想となった。雪によるスリップ事故など車の運転にはご注意ください。

このような予報も出ているので、最新の天気予報をチェックしておきましょう。


東京(関東)降雪の公共交通機関の影響は?

いつものことながらですが、東京の公共交通機関は降雪があり積雪があると大きな影響を受けます。電車の遅延・運休はもちろんですが、バスもスリップするために通常運転ができないでしょう。タクシーも同様です。雪が降雪・積雪する予報があれば、その前に自宅に戻ることが賢明でしょう。

これは2018年1月23日の東京駅前です。1年前はこんな感じでしたからね。1年に数回は東京は積雪があるので、今回、積もらなかったとしても2月があるので。雪が楽しみな子供もいると思うので1度くらいは降るかもしれませんね。

この記事も読まれています。

コンビニ(埼玉県新座市)女児が保護?母親や置き去りの理由は?

オルビスCMは三浦春馬と黒田エイミ?動画が過激でヤバいと話題!

家ついていっていいですか(Iカップ巨乳)女性は誰?1月23日放送

NGT北川智子マネは美人(画像あり)?アイドルハンター集団とは?黒幕は山田野絵?

木原美悠(卓球)は韓国人?中学高校は?身長や体重も調査!姉がかわいい!