何やら物騒なニュースが入ってきましたね。東京都調布市で強盗事件が起きたようです。強盗にあったのは、60代の会社経営者です。腹部を刃物で刺されたということで通報があり、病院へ搬送されています。

 

幸いなことに意識はあるということで命に別状はないように思われます。今回、調布というかなりハイグレードな方々生活している街ということで、このような事件が起きたことに驚いています。

 

一体、事件の現場や犯人は誰たのでしょうか?現状で、かき集めれる情報を総まとめしていましょう!

Sponsored Links

調布市の強盗事件の現場はどこか?

ニュースでは調布市深大寺北町とのことです。なにやら、被害にあった男性は、家に3人組の男が押しよってきたところを襲われたんだとか。そして30万円の現金を奪われたようです。

こちらが、深大寺北町ですが詳細な犯行現場は分かるでしょうか?Twitterに何かヒントがないか探してみました!

ツイッターよりこのようなツイートを発見しました。被害にあった男性は、この中古車屋のオーナーということでしょう。このキリンの像が目印のようですね。

 

この自動車販売会社は『全日自動車販売』。東京都調布市深大寺北町2丁目22−5。事件は9日午後4時半すぎに起きています。

Sponsored Links

犯人の特徴はいかに?

現状分かっている犯人の特徴を挙げてみましょう。

  • 3人組
  • 刃渡り50㎝の刃物
  • 片言の日本語
  • 外国人の可能性高い
  • 目出し帽
  • 丸刈り

ということが分かっているようです。犯人のひとりが片言で話しかけてきたことから、外国人により強盗傷害事件の可能性が高いですね。

 

ひときわ心配なのは刃渡り50㎝くらいの刃物です。まだ、犯人たちは捕まっていないために犯行を重ねないかとても心配です。周囲の人に限らず、隣町の人も警戒した方が良いです。

 

犯人逮捕の報告をいち早く聞きたいですね。このまま逃走を続けると周囲の方は休まりませんから。今後2020年の東京オリンピックに向けて外国人の方が多く押し寄せてきます。

 

そういったことで、このような事件が増える可能性がありますね。自分の身は自分で守るということを心がけていきましょう、、、。日本人は人懐っこいからなあ。

 

今回の被害者の方も良い人だったのかもしれないですね。

Sponsored Links