内田篤人

サッカーのドイツ1部リーグ、ブンデス・リーガのシャルケに所属するDF内田篤人(27)が痛めていた右膝の手術を受けていたことが分かった。シャルケが2015年6月10日、クラブの公式フェイスブックなどで発表した。

出典:スポニチアネックス

まさか!?と思いました。内田篤人選手が手術していたのですね。ここ最近では内田篤人選手が一般女性と結婚したと騒がれていました。それについてはこちらの記事で。

 

以前から膝の痛みと戦ってきた内田篤人選手ですが、右膝はどのような状態だったのでしょう?

Sponsored Links

内田篤人選手の右膝の怪我は?いつから?

出典:number.bunshun.jp

内田篤人選手の怪我は、右膝蓋腱炎症です。この右膝蓋腱の炎症ですが、膝蓋骨(膝のお皿)から下腿(すね)の脛骨(けいこつ)につながる腱が炎症すること。分かりにくいですね。図で見てみましょう。

内田篤人選手の膝の怪我の箇所

この部分が炎症を起こしているようです。運動などしていると矢印方向に大きな力が加わります。怪我の原因は、ブラジルワールドカップ原因があると思います。

 

ブラジルW杯の前に内田篤人選手は、自身の所属チームシャルケ04のリーグ戦で足を痛めていました。ブラジルW杯に間に合うかどうかとい事態でしたが、代表チームに合流して出場しています。

 

ここが問題ですね。この時、怪我の状態が完璧に治っていない状態orリハビリ不足で出場した可能性があります。ブラジルワールドカップでは内田篤人選手はずっと右足にテーピングを施していました。ワールドカップにて蓄積した疲労があり。その後、シャルケ04に戻ると再度右膝を痛めます。

内田篤人
出典:soccer-soku.net

これはワールドカップ後、チームに戻った際に行われた試合です。右膝青いテープがみえませんか?やはり痛めた膝が再発したようですね。その後、内田篤人選手は膝と相談しながら試合に出場し続けました。半年以上、右膝に悩まされていたようです。

 

クラブ保存治療勧めていたようです。なぜか?というと痛めている部分が手術しても治るという確証がないからです。

しかし内田篤人選手は、これからも付き合っていかなくてはならないと考えたら、手術して完全復活した方がいいという判断に至りました。

内田篤人選手、右ひざ手術から復活はいつ?

この右膝蓋腱の炎症を、手術した場合には復帰がどれくらいかかるのでしょう?当初は復帰まで1年程度時間がかかるのではと言われていました。

 

内田篤人選手の場合は、膝蓋腱が炎症なので、断裂した際の手術等とはことなります。因みに、断裂した場合は復帰には1年以上はかかるとされています。

 

以前はこのように言われていました。なんと久しぶりに内田篤人選手が復帰しています。2017年1月に試合に出場しています。手術したのは2015年6月ということなので、復帰までに1年半も時間を要したことになります。

 

しかし、出場した際に少し痛みを感じたようで、完全な復帰まではもう少しかかりそうです。無理せずにリハビリを続けつつ、元気よくプレーする姿をまた見れることでしょう!

内田篤人選手を悩ます膝蓋腱炎

膝を痛めるスポーツ選手は多いですね。それだけ体を酷使しているので、いろいろな故障が起きるのは仕方ないことです。内田篤人選手が患った、膝蓋腱炎症とはどのようなケガなのでしょうか?

痛みの特徴

  1. 動かし始めは痛さがあるが、体が温まると和らぐ
  2. 長時間膝を曲げているだけで痛くなる
  3. レントゲンで異常が見つからない
  4. お皿の下を押さえると痛む

膝蓋腱炎は、ジャンパー膝とも言われます。ジャンプをよくするバレーボール選手、バスケット選手によく見られる症状です。膝蓋腱炎は3種類ある膝蓋腱炎ですが、3種類に分けることができます。

①PT表層(滑液包)炎

この炎症は、骨などの組織が関節として不自由なく動かすためにある液体が入っている包です。この部分が炎症することで膝を動かす際に痛みが生じます。

特徴としては、膝を曲げると痛みが強くなりますが強制的に膝を伸ばす場合は、痛みがありません。

②膝蓋下脂肪体炎

膝には脂肪があるのですが、その部分が炎症して起きます。特徴としては、膝を曲げても痛みがないですが、膝を伸ばすと痛みが強まります。膝は完全に伸びません。

③PT深層部分断裂

ジャンプの着時に痛めるのでなく、踏み込みから飛び上がる時に痛めるとされています。特徴としては膝を伸ばすと腱の圧痛が増し、曲げると弱まります。スクワット動作で60~80°で痛み強まり、90°以上を通過すると弱まります。

 

内田篤人選手の症状は、どれか公表はされていないので分かりません。しかし、どれかの症状であることは間違いないです。いずれにせよ、急がず焦らずリハビリをしっかりして、またピッチで活躍する姿をみたいですね!!

まとめ

内田篤人選手の膝のケガは選手生命にも拘わるケガでした。手術をすることで完治するという保証はありません。それほど。治療後のリハビリも大変な状態です。

 

しかし、保存治療という選択肢を選びませんでした。それほど、膝の痛みと付き合うことが苦痛だったのでしょう。今回の手術の代償は大きく復帰までに1年半を要しています。

 

復帰とは言うものの、30分程度試合に出場しただけで、それ以降はまだ試合に出れていません。2017-18シーズンからいよいよ本格的に出場することになるでしょう。2017年5月現在は、リハビリを行って復帰に向けて準備しているようです。

 

内田篤人選手には、子どもが生まれたということでそちらの情報もなかなか気になりますね。これからの内田篤人選手の動向からは目が離せません!

こんな記事がよまれています。

リオネルメッシが脱税で懲役?年棒やタトゥーがすごい!

ジョコビッチが新興宗教にはまる?教祖イマズ?コーチも解任か?

アンシネ整形疑惑?整形外科前の写真は?日本ツアー参戦する韓国ゴルファー!

本田圭佑の目がおかしい原因はバセドウ病か?手術はしたのか?

Sponsored Links