アナウンサー

宇垣美里の先祖は陸軍軍人!一成・纏は教科書に載る偉人!

宇垣美里の先祖は陸軍軍人

元TBSアナウンサーで今はフリーアナウンサー宇垣 美里さん、美人で頭も良くてステキですよね。

 

そんな元TBSアナウンサーの宇垣美里さん、フリーになってからもTBSラジオやBS日テレにレギュラー番組を持って活躍するほか、最近はアニメの声優に挑戦したり、フォトエッセイ集を発売したりと忙しいくされています。

 

実は先祖が陸軍軍人だそうで、その方は宇垣一成さんと言う方だそうです。あと宇垣纏さんも関係あるのでしょうか?

 

元TBSアナウンサーの宇垣美里さんとこの方達との関係と、この方達はどういった方だったのかを調べて見ました。

宇垣美里の先祖は陸軍軍人!

宇垣美里の先祖は陸軍軍人元TBSのアナウンサー宇垣美里さんの祖父の大叔父に当たる方は、宇垣一成(うがきかずしげ)陸軍大将だそうです。

 

宇垣 一成さんとは1868年備前国磐梨郡大内村(現・岡山県岡山市東区瀬戸町大内)生まれの日本の陸軍軍人政治家でした。

 

陸軍大将の時は長州閥の陸軍の中で宇垣閥というのを作った人です。

 

何度も総理候補になったのですが、昭和天皇に反対意見を上奏したために嫌われて、総理にはなれず、幻の総理大臣といわれました。戦後は51万票という人気票を集めて当選し、参議院議員となりましたが1956年在職中に死去しています。

 

元TBSアナウンサーの宇垣美里さんは、宇垣一成さんの大甥の孫娘にあたるそうです。

 

宇垣纏(うがきまとめ)さんは1890年岡山県赤磐郡潟瀬村生まれの日本の海軍軍人でした。昭和17年11月海軍中将になり、連合艦隊司令長官山本五十六大将のもと参謀長でした。が山本五十六大将は宇垣纏参謀長が嫌いだったそうです。

 

日本の第二次世界大戦敗戦の日、宇垣纏さんは自ら特攻機で散ってます。

 

宇垣纏海軍中将は宇垣一成陸軍大将、宇垣完爾海軍中将とは近郷同族ですが縁戚関係はなかったそうです。

 

元TBSアナウンサーの宇垣美里さんは神戸市垂水区出身で、高校は偏差値75の兵庫県立長田高校です。大学は同志社大学政策学部で国際政治学部です。将来は先祖の宇垣一成さんのような政治家でしょうか?

宇垣一成・纏は教科書に載る偉人!

宇垣纏の画像宇垣一成さんも、宇垣纏さんも日本の歴史をひもとけば絶対に聞く名前だと言うことが分かりました。社会科の歴史の教科書には出てくる人たちでしょう。それだけではなく、凄い書籍も残されていました。

 

「戦藻録」とは開戦当時山本五十六の下連合艦隊参謀長で、作戦の中枢にあった宇垣纏海軍中将の3年10カ月(昭和18年4月から昭和20年8月15日)に及ぶ日記です。記詳細をご覧いただけます。開戦の2ヶ月前から終戦当日の特攻直前までの克明な記録です。

 

「宇垣一成日記」とは正式名を「一如庵随想録」といい、大正から昭和にかけて陸軍大臣や外務大臣を務め、何度も総理大臣候補に挙がった日本現代史の重要人物だった宇垣一成さんの日記を書籍化したものです。

まとめ

頭も良くて可愛くて、最近はどんどん活躍の場を広げている宇垣美里さん。先祖も凄い人だったということが分かりました。

 

そんな偉人を先祖に持つ宇垣美里さんの活躍をこれからも期待しています!先祖が偉人的な番組があれば必ず呼ばれそうですよねw