スポーツ

ウルフアロンの両親は外国人?画像や国籍について気になる!

ウルフアロンの両親

東京オリンピック柔道男子100kg級のウルフアロン選手金メダルが期待されていますね。日本人離れのワイルドなルックスはハーフなのでしょうか?

 

今回はそんなウルフアロン選手の両親は外国人?なのかと画像や国籍について気になる!を調べてみました。

ウルフアロンの両親は外国人?

ウルフアロンの両親

ウルフアロン選手のお父さんはウルフジェームスさんと言い、ドイツ系のアメリカ人だそうです。テンプル大学で博士号を取得していて2014年4月から駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部グローバル・メディア学科で英語を母国語としない人に、英語を使ったコミュニケーションの教育をしています。

 

ウルフアロン選手も柔道を30歳で辞め、将来はお父さんのように教師になりたいと言う夢もあるそうです。

 

お母さんはウルフ美香子(旧姓木村美香子)さんと言い日本人で結婚後は、専業主婦をされているみたいです。

 

両親は教育熱心だったらしくウルフアロン選手はインタビューで、小学校までは特に厳しかったと答えています。夏休みは学校の宿題に加えてお母さんが沢山のドリルを買ってきて、それも書き込むと1回しか使えないと言って印刷して使わせられたそうです。

 

せっかくの夏休みなのにドリルをやらないと遊びに行かせてもらえなかったので、カンニングをしてたそうです。ゲームも一切禁止で携帯電話も高校生まで持たせてもらえなかったそうです。教育熱心な環境だったそうです。

 

そんな教育熱心なご両親だったからでしょうか、ウルフアロン選手のお兄さんのウルフアイザックさんは立教大学出身で、のウルフシェインさんは早稲田大学出身です。

 

ウルフアロン選手は何より柔道のことを考えて、東海大学付属浦安高等学校卒業後は、内部進学で東海大学体育学部武道科に進学しています。ウルフアロン選手は押しつけられて練習するより自分で考えて練習する方が強くなれると考えて、練習やトレーニングの時間を多く取れる東海大学に決めたそうです。

 

その後は東海大学大学院体育研究科に進学しています。

 

ウルフアロンの両親、画像や国籍について気になる!

ウルフアロンは両親のどちら似なの?日米ハーフで父親似?母親似 ...
出典:aiulog.com

ウルフアロン選手のお父さんドイツ系のアメリカ人で、フランス、アイルランドなど7カ国の血が混ざっているそうです。お父さんは頭脳明晰な方で国際資格「TESOL ・Teaching English to Speakers of Other Languages」を活かした教育を大学でされています。

 

お父さんは日本語があまり上手ではなかったらしく、お父さんが英語でウルフアロン選手達に話しかけ、ウルフアロン選手たちは日本語で答えるって感じだったそうです。

 

ウルフアロン選手は日本生まれの日本育ちでアメリカには1度も住んだことがないので英語は全く分からなかったそうです。

 

ただお父さんの話す英語だけはニュアンスで何となく分かっていたそうです、だから家族以外の人の英語は全く分からないそうです。

 

ウルフアロン選手は小さい頃から身体が大きかったので柔道をやってみたらどうだ、という祖父の一言で柔道を始めたそうです。

 

初めて練習に言ったとき面白かったか聞かれて、本当は面白くなかったけど気を使って面白かったと答えてしまったために柔道を続けることになったそうです。

ウルフアロンの両親は外国人?のまとめ

いかがでしたか?ウルフアロン選手はアメリカ人の父と日本人の母を持つハーフで、イケメンのお兄さんと弟さんを持つ3人兄弟の真ん中と言うことが分かりました。

 

ハーフとはいえ日本生まれの日本育ちのウルフアロン選手は英語は苦手で、話せないそうです。

 

東京オリンピックまであとわずか、頑張って金メダルを取って欲しいですね。応援しています。最後までお付き合い頂きありがとうございました。